Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 移籍関係

マンチェスター・シティがスターリングを狙う メディアより

投稿日:

Liverpool-v-Newcastle
ラヒーム・スターリングに関する記事が、連日メディアを賑わせていますが、Mirrorによれば、マンチェスター・シティが夏の移籍市場解禁と同時に、スターリング獲得に動く!とか・・・。

あくまでメディア情報ですが、シティはスターリング獲得にあたり、3000万£+アルファーを考えているとのこと。

スターリングに関しては、アーセナル行きという報道が多かったと思いますが、シティは強引にでも奪いに行きたい!とも。
また、シティとしては、リバプールが満足するだけの条件を提示できると自信を持っている!と、メディアは報じています。

しかも、7月1日、移籍市場の窓が開かれたら直座に、スターリング獲得に全力を尽くすことになるとも言われているようです。

シティは、次期監督にグアルディオラを候補にしている!という情報は、かなり広まっていますが、もしグアルディオラがやって来るのが来年の夏だとしても、プレイヤーにとっては魅力になるかもしれませんね。

この報道をどう捉えるか?にもよりますが、シティがスターリングを欲しがる大きな理由があると、個人的には思っています。

※シティのレギュラークラスは、高齢化傾向に入っており、そのほとんどが28歳以上である。
※プレミアのトップクラブにあって、極端にイングランド人のレギュラーが少ない。

さらに、フリートランスファーとなるミルナーが出てしまった場合、さらにイングランド人が減ることになると・・・・。

若いイングランド代表ともなれば、喉から手が出るほど欲しいことでしょう。

どうなるか?は、まったく分かりませんが、3000万£に+アルファー・・・ここが気になりますね。
金銭に、誰か即戦力のプレイヤーを付ける!という条件でしょうか?

本当!?と思うような内容ですが、シティはナスリ、トゥーレ、サニャ、ナバス、ジェコ、ヨベティッチ等を出す用意もあるとか・・・・。

別の報道では、アーセナルとウオルコットは、今後2週間以内に、今後についての方向性を決める!という記事もあります。
今後、数週間のうちに、スターリングに関する情報、噂が多々出てくることも予想されます。

現実を見れば、スターリング側が「夏までは話し合い保留」という方針を変えなければ、今後もメディアを賑わすことは間違いなさそうです。

-プレミアリーグ, 移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.