Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがカイ・ハフェルツ(バイヤー・レヴァークーゼン)に関心を持っているとの報道も

投稿日:

Kai Havertz


かつて、ラファ・ベニテスが監督を務めていた時代のリバプールは、スペイン色が濃かったと言っていいと思います。
いま、リバプールの指揮を執っているのはユルゲン・クロップ監督。
ある程度、ドイツ色が出てきたとしても、さほど不思議ではありません。
さて、エコーが報じるところによれば、リバプールはブンデスリーガの有望株を見てきていると・・・。

同誌によれば、とりわけレッズが注目しているのは、バイヤー・レヴァークーゼンに所属する若者カイ・ハフェルツだとのことです。

エコーは、U19ドイツ代表の試合に、スカウトを送り込んだとしています。
目当ては、カイ・ハフェルツだったと。

カイ・ハフェルツは、1999年6月11日生まれの18歳という若者で、世代的には、ベン・ウッドバーンやトレント・アレクサンダー・アーノルド等と被ってきますね。

得点力もあり、現地では、将来をかなり期待されているプレイヤーのようです。
この説が本当だとしたら、来るべき時を見据えての期待値を込めてということでしょうか。

現実問題としては、まずリバプールが取り組むべき補強は、やはり最終ライン、ディフェンス面にあると、私としては思っております。

ただ、カイ・ハフェルツの場合には、めきめきと頭角を表してきており、単に遠い将来を見据えて・・・という意味合いだけではないのかもしれません。

ブンデスリーガ色が濃くなっていくのかリバプール。
これからの動きが注目されますね。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.