Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ウェストハム戦でのロベルト・フィルミーノを讃えるユルゲン・クロップ監督

投稿日:


1-4のスコアで勝利を飾った対ウェストハム戦。
皆でつかんだ勝利だと思いますが、やはり話題はモハメド・サラーとサディオ・マネ中心になりがちなようです。
そんなとき、ユルゲン・クロップ監督は、今日のような日には、ロベルト・フィルミーノのことを忘れないでほしいという趣旨の発言をしたそうです。

試合後、ユルゲン・クロップ監督が、ロベルト・フィルミーノについて語ったことは、エコーも取り上げており、この場では、私なりに、その一部をご紹介したいと思います。

(Jurgen Klopp)

この二人のプレイヤー(サラーとマネ)について話すのは嬉しいことだ。
だが、今日のような日には、どうかロベルト・フィルミーノのことを忘れないでほしいね。

彼が得点していなかったことは、私も知っているが、彼を交代させたときには、実際彼は、すごく怒っていたよ。

私は彼に言ったよ。
「何て(素晴らしい)パフォーマンスだ!」とね。
彼は、「ぼくは得点を決めていない!」と、言ったんだ。

こういったプレイヤーがいることは、とても重要なことだよ。
世界で最高の試合をしたとしても、プレイヤーというものは、それだけでは満足しないんだ。

プレイヤーは、特別な何かをもってして、試合のことを判断するものだからね。

ロベルト・フィルミーノは、86分にドミニク・ソランケと交代をするため、ピッチを後にしました。
「最後まで、プレイをさせてほしかった!」
ロベルト・フィルミーノの気持ちだったことでしょう。

そのことを嬉しくさえ思っているというユルゲン・クロップ監督。
チームには、こういうプレイヤーが必要なんだ!とも。

ハングリーである証拠ですね。

リバプールファンの多くは、仮にロベルト・フィルミーノがゴールを決めない日があったとしても、チームに大きく貢献していることを知っていることでしょう。

それでも、ロベルト・フィルミーノは追求する。
その試合における「特別な何か」を。

その姿勢や、讃えるべし!ですね。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.