Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ドルトムントがピエール・エメリク・オーバメヤンの1月放出容認との報道も リバプールは動くのか

投稿日:

Pierre-Emerick Aubameyang


冬の移籍マーケットの窓が開くまで、あと1ヶ月ほどとなりました。
既に、リバプールの補強候補の名前もあがりはじめていますが、そんな中、ドルトムントがピエール・エメリク・オーバメヤン(ガボン)の1月放出を容認するとの報道が浮上しています。
オーバメヤンといえば、言うまでもなく、ユルゲン・クロップ監督とは旧知の仲。

リバプールが獲得へと動くのか?という話題は、メディアにとっても美味しい話題ではあることでしょう。

ドルトムントが、オーバメヤンを放出する旨の報道は、英国ではMirrorが出してきていますが、これはドイツのBildによる情報だとのことです。

オーバメヤンといえば、超快速で有名ですが、近年はスピードだけではなく、ゴールを決める壺も得たような印象があります。

報道の中身を見ると、ドルトムントとしては、移籍金として、約£54mの提示があれば、移籍を受け容れるだろうとのこと。
ACミランも関心を持っているという説もあるようですが、ミランといえば、ダニエル・スタリッジを狙っているという報道もあるところです。

リバプールとしては、それだけの金額を支払ってでも、今のチームにオーバメヤンが必要か?
その部分をどう判断するか?でしょうか。

仮に、リバプールがオーバメヤン獲得に動く場合、誰よりも一番よく知っているのは、ユルゲン・クロップ監督であり、どんなプレイヤーか?を調べる必要もないことでしょう。

まだ、決まったわけではないし、あくまで想像上の話ですが、もしオーバメヤンがリバプールへやって来ることがあったなら、リバプールの攻撃陣は、圧倒的なスピードを誇ることになりますね。

今後、おそらく話題にもなってくるでしょうが、冬の移籍マーケットにおいて、リバプールがどれだけの資金をユルゲン・クロップ監督に委ねるか?
この部分も重要かと思います。

ずっと補強候補とされてきたサウサンプトンのビルヒル・ファン・ダイク獲得へ動くならば、相当の移籍金が必要になるし、クラブの考えも当然ながら重要になってくることと思います。

いずれにしても、1月に開く窓。
これから、ますます移籍にまつわる話題が増えてくることでしょう。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.