Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ユルゲン・クロップ監督はダニエル・スタリッジを手放さない考えに変わりなしか

投稿日:

Daniel Sturridge


1月には、リバプールを離れるのではないか?
そんな報道が出ているダニエル・スタリッジですが、ユルゲン・クロップ監督は一貫して「ダニエルはリバプールに必要なプレイヤーだ」という発言を繰り返してきました。
ダニエル・スタリッジの思いもあるとはいえ、ユルゲン・クロップ監督の考えは揺らいではいないようです。

ダニエル・スタリッジが、1月での移籍を考えている理由とされているのは、来年に迫ったロシア・ワールドカップに、イングランド代表として出場したいため、もっと出場機会のあるチームへ行きたいというものだとされています。

年齢的なことを考えたとき、ダニエル・スタリッジにとっては、最後のワールドカップになる可能性が高いのも事実だと思います。

しかし、Mirrorなど複数以上のメディアが報じるところによれば、ユルゲン・クロップ監督は、ダニエル・スタリッジをキープする考えでいるとのこと。

むしろ、ダニー・イングスに出場機会を増やすため、ローンで出す方を優先するとされています。

現状をみれば、ダニエル・スタリッジに十分な出場機会があったとは言えないと思います。
しかし、これからの過密日程を考えたとき、しっかりとフィットネスを整えておけば、自ずと出番も巡ってくることでしょう。

ダニエル・スタリッジが、監督の期待にプレイでこたえられるかですね。

なお、あくまでメディア上での噂では、ダニエル・スタリッジには、セリエA、リーガ・エスパニョーラ、さらにプレミアリーグのクラブから関心が寄せられているとされています。

ダニエル・スタリッジの思い。
リバプールの考え。

暦が1月となったとき、両者が同じ方向を向いて歩いていけるかが、注目されます。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.