Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールが1月に補強をするのはファン・ダイクであってほしい(ジェイミー・キャラガー)

投稿日:


1月の移籍マーケット。
その窓が開く時が、刻々と近づいてきていますが、ジェイミー・キャラガーは、リバプールが抱える懸念を指摘した上で、センターバックの補強をすべきだとの見解を示しています。

また、ジェイミー・キャラガーとしては、その補強はファン・ダイクであるべきで、シーズン後ではなく、1月に獲るべきだとも語っています。

これは、ジェイミー・キャラガーが、エコーへ向けて語ったことですが、この場では、そのごく一部ですが、私なりに要点をまとめてみたいと思います。

(Jamie Carragher)

私達は、クロップがファン・ダイクを欲しがっていたことを知っているよ。
だから彼は、他のセンターバックを獲得しなかったね。

彼は、1月あるいはシーズン終了後まで待つだろうが、私は1月であってほしいね。

大きな懸念だ。(マティプとロブレンが、十分にプレイができているか?)
何て、大きな懸念なんだ。

多くのトップチームは、ゴールキーパーとセンターバックからチームを構築するものさ。

私とサミ・ヒーピアが一緒にやっていたときには、決して怪我なんてしなかったよ。
彼等二人(マティプとロブレン)は、怪我が多すぎるね。

実際、彼等がしっかり揃って出場した試合では、成績も悪くはないんだ。

ジェイミー・キャラガーは、他にも多くのことを語っていますが、私なりに捉えた要点としては、トップチームというものは、まずはゴールキーパーとセンターバックがしっかりとしているものだということでしょうか。

その点、ジョエル・マティプとデヤン・ロブレンは、怪我が多く、なかなか安定してコンビを組めていない・・・。

ジェイミー・キャラガーとしては、ラグナル・クラヴァンが4番目のチョイスになる状態がよいと考えているようでした。

これは、あくまでジェイミー・キャラガーの見解であり、ユルゲン・クロップ監督が、どう考えるか?ですね。
1月の時点で狙うのは、あくまでファン・ダイクに固執するのか?
それとも、他のセンターバックをも視野に入れているのか?

最近、盛んに報じられているのは、マンチェスター・シティがファン・ダイクを狙っているという説ですね。
いまや、シティがプレミアリーグで独走状態であり、これ以上、戦力を充実されてはたまりません。

何とか、ファン・ダイク獲得レースでは勝ち取りたいですね。
あとは、ファン・ダイク本人の気持ちの問題もあることでしょう。

リバプールファンは、待っている。
そう伝えたいですね。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.