Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ファン・ダイクの負傷状況について マージーサイド・ダービーから違和感を抱えていた

投稿日:


負傷により、マンチェスター・シティとの試合を欠場したビルヒル・ファン・ダイクですが、痛めているのは、やはりハムストリングだそうです。
ただ、試合直前に起こったものではなく、FAカップ3回戦でのエバートン戦から何かしらの違和感を抱えていたとのこと。

ファン・ダイクの状況について、ユルゲン・クロップ監督から説明があり、LFCも公式に報じています。

ユルゲン・クロップ監督の説明によれば、シリアスなものではないとのこと。
ただ、マンチェスター・シティ戦に出場させるには、リスクが高く、評価した上で、起用を見送ったとしています。

ファン・ダイクは、FAカップでのマージーサイド・ダービーで、リバプールデビューを飾っていますが、既にその時点で痛めていたというのが、事実のようです。

マンチェスター・シティ戦では、会場に来ていたし、表情も明るく感じましたので、おそらく長引くものではないと思います。

ユルゲン・クロップ監督は、こんなことも言っています。

「もし、シーズンの最終戦であったなら、リスクもおかしたかもしれない。だが、最終戦ではなかったからね」

「私達がリスクを取らなかった理由は、そういうことだよ」

私なりに思ったことはといえば、ファン・ダイクは、サウサンプトンにいた時期、12月の後半は実戦でプレイをしておらず、その後チームも変わり、トレーニング方法もまったく違うものになったことでしょう。
ちょうど、筋肉などに負荷がかかる時期だったかもしれません。

いずれにしても、ファン・ダイク不在でも、マンチェスター・シティに勝利した。
軽傷ということですので、これからどんどん活躍してほしいですね。

おそらく、メディカル・チームの意見も聞きながら、ユルゲン・クロップ監督がくだした判断だったと思います。

まだ、沢山の試合が残っているし、これからの活躍に期待したいと思います。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.