Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

リバプールというチームに馴染んできたアレックス・オックスレイド=チェンバレン

投稿日:


4-3というスコアで、リーグ無敗のマンチェスター・シティ戦に勝利したリバプール。
各プレイヤーのメンタリティーが伝わって来るような内容でした。
燃えるアンフィールド。
そこに火を付けたのは、アレックス・オックスレイド=チェンバレンの先制ゴールだったと思います。

対マンチェスター・シティ戦では、マン・オブ・ザ・マッチにも輝いたアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
直近の2試合でも、決勝ゴールを演出する活躍を見せていますね。

私は、リバプールへ来て以来、彼の姿を見てきた中で、チームに馴染んできたように感じています。

遠慮がなくなったと申しますか、いい意味で自分というものをアピールできるようになってきたと思うのです。

シティ戦での先制点も、自らドリブルで相手ボックスへと進み、そのままシュートを放ったもの。
その他の場面でも、大胆なプレイが見られるようになりました。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンは、元々スピードにも恵まれたプレイヤーですが、フィジカルの強さを兼ね備えていますね。
ボールを持ったとき、相手にフィジカル・コンタクトを仕掛けられても、バランスがぶれない。
これは、大きな特徴だと思います。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンの獲得について、批判的な意見もあったことは事実だと思います。
しかし、ユルゲン・クロップ監督は一貫して「彼は高いクオリティーを持っている」と、信じ続けてきた。

その期待、信頼に応える活躍を見せ始めたアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
コウチーニョがいなくなったことで、むしろ伸び伸びとやれるかもしれない。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンが、堂々とリバプールのレギュラーとして名乗りをあげれば、チーム層も厚くなり、好循環となりますね。

ラグナル・クラヴァンの劇的な決勝ゴールを呼んだのも、アレックス・オックスレイド=チェンバレンのキックからだった。
ビルヒル・ファン・ダイクのデビュー戦初ゴールとなる決勝ゴールを演出したのもアレックス・オックスレイド=チェンバレンだった。

リバプールでやっていける!
おそらく、胸に期すものがあることでしょう。

彼自身が望んでいたリバプールに籍を置き、フットボーラーとして、より成長していってほしいですね。
間違いなく、イングランド代表のサウスゲート監督も、アレックス・オックスレイド=チェンバレンの活躍を見ていることでしょう。

ロシア・ワールドカップの切符も見えてきた。
そんなふうに私は思います。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.