Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ニューカッスルがダニエル・スタリッジのローン獲得でリバプールに照会か

投稿日:

Daniel Sturridge


1月における去就が注目されているダニエル・スタリッジですが、ニューカッスルがローンでの獲得について、リバプールに対し問い合わせを行っているという説が浮上してきています。
報じているのはSky Sportsで、同誌によればニューカッスルは既にリバプールへ照会を行ったとのこと。

たしかに、もしダニエル・スタリッジを欲しいならば、移籍マーケットの残り日数を考えても、照会はかけているだろうとは推察できますね。

これまで、多々メディアで取り上げられてきたのは、ダニエル・スタリッジには、インテルが興味を示しているという話。
あるいは、セビージャ、ローマあたりの名前もあがっていました。

リバプールにおいて、なかなか出場機会が巡って来ない中、ダニエル・スタリッジとしては、ワールドカップ・ロシア大会で、イングランド代表に入るために、新天地を希望している・・・というのが、一般的な見方かと思います。

これまでの流れをみると、どうも完全移籍の線は消えてきたか?とも見られそうです。

ただ、Sky Sportsの見解では、リバプールとしては、トップ4争いがあり、チャンピオンズリーグでも残っていることから、ダニエル・スタリッジを残したいと望んでいると。

あくまで、メディア上の話ですが、リバプールがダニエル・スタリッジを残したいと欲しているならば、あとは本人の気持ち次第でしょうか。

リバプールに残り、シーズン後半でポテンシャルを発揮するか。
どうしても、新しい場所を希望するか。

現実問題として、もしリバプールに、新しいアタッカーを獲得する目があるならば、ダニエル・スタリッジのローン放出も許容の範囲かもしれません。
しかし、そのプランがないならば、ピースが不足することも考えられそうです。

リバプールで出場できないから他へ行く。
というより発想を切り替えて、リバプールでポジションを取ってやる!
そんな気持ちに、ダニエル・スタリッジがなってくれれば、一番良いのでしょうが。

ここは、しっかりと見守って、もしダニエル・スタリッジがリバプールへ残ったならば、残りシーズンでの奮起に期待したいと思います。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.