Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ダニー・イングスとラザル・マルコヴィッチ その起用法について

投稿日:

thumb_9734_default_news_size_5
この夏、早い段階から精力的な補強を進めて来たリバプールですが、当然のことながら、新戦力が増えれば、出場機会が減少するプレイヤーも出てきます。

また、他のクラブで良い成績を残し、リバプールへとやって来たものの、出番が減ってしまった・・・という例もありますね。

今回は、そんな意味も含めて、ダニー・イングスとラザル・マルコヴィッチのことについて、ちょっぴり触れてみたいと思います。

まず、イングスに関しては、昨シーズン、低迷するバーンリーにあって、あれだけの実績(ゴール)を残しているのですから、出来たら、なるべくコンスタントに起用してあげたい。

しかし、リバプールは、クリスティアン・ベンテケも獲得しており、9月中旬には、ダニエル・スタリッジも実戦復帰できそうだという状況です。

イングスにとって、プレミアリーグで、先発の地位を築くのは、並大抵のことではないとは思います。

また、マルコヴィッチに関しても、その秘めたる才能は、素晴らしいものがある!と、私は思っているのですが、オフェンシブなタレントが多い中、なかなかポジションをつかめずにいます。

おそらくは、2人とも、ヨーロッパリーグあるいは国内カップ戦では、主力とし起用されるだろう・・・と、私は予想しているのですが、やはり何といっても、プレミアリーグでの試合でも、実戦感覚を忘れさせたくないですね。

そのスピード感は、ヨーロッパリーグや国内カップ戦とは、まったく違うと思うので。

先発が難しいならば、セカンドハーフからでもいいので、何とか2人に、なるべく多くの出場機会を与えることは出来ないのか?
私は、これまでも、何度となく、そのことを考えてきました。

d86493cf

昨シーズンあたりから、リバプールは、セカンドハーフで、メンバーチェンジをするにしても、かなり残り時間がなくなってからの交代が多かったという印象があります。

もうちょっと、控えのメンバーに、なるべく長い時間、ピッチにいられる機会をつくってあげたいものです。

ひとつ、交代が遅い要因をあげるとすれば、昨シーズンのリバプールは、致命的な得点力不足に悩み、早い段階で、点差を開いて逃げ切るというパターンが、非常に少なかったこともあげられるかと思っています。

理想的には、ファーストハーフの間に、複数点以上の点差をつけ、主力を休ませてもいい環境をつくりたいですね。

得点力が増し、リードを拡げることが出来れば、自ずと控えのプレイヤーもピッチに投入しやすくなることでしょう。

ダニー・イングスとラザル・マルコヴィッチ。
今回は、この2人の名前をあげましたが、他にもプレミアのピッチに立たせたいプレイヤーは沢山います。

ぜひ、ベンチにいるメンバーを投入しやすい試合展開へと持ち込めるよう、今シーズンは、一皮むけたリバプールであってほしいですね!

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.