Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがルーカス・トレイラ(サンプドリア)に関心を持っているとの報道も

投稿日:


夏の移籍市場におけるリバプールの動きは、非常に注目されるところですが、中盤の深い位置を担当できるプレイヤーを欲しがっているという説は根強いですね。
以前からメディア上で噂になっているのは、ナポリ所属のジョルジーニョ(イタリア)ですが、ここへ来てサンプドリア所属のミッドフィールダー、ルーカス・トレイラ(ウルグアイ)をリバプールが欲しがっているという報道が出てきています。

これは、Gazzetta dello Sportが報じているもので、英国ではMirrorが記事として取り上げています。

ルーカス・トレイラは、1996年2月11日生まれの22歳。
その身長は、165cmともされており、非常に小柄なプレイヤーですが、優れたテクニックとシャープさを持っており、そのキックにも定評があるところ。

今回の報道では、ジョルジーニョに関しては、マンチェスター・シティとリンクされており、リバプールとしては、その代替としてルーカス・トレイラに目を付けているとか。
Gazzetta dello Sportは、その選択を素晴らしいものだとしています。

ルーカス・トレイラは、まだ若手の部類に入りますが、サンプドリアでは中心プレイヤーとなっており、今シーズンはチームで最もプレイ時間が長いという記録を残しています。

あのルイス・スアレスが、バルセロナの一員としてサンプドリアと対戦をした際には、相手チームに素晴らしいミッドフィールダーがいる!と、ある種、衝撃を受けたそうですが、それがウルグアイ人だったとは、その当時ルイス・スアレスは知らなかったという逸話があるそうです。

ただ、若手の有望株だけに、サンプドリアが簡単に手放すとは考えにくく、この話に信憑性があったとして、交渉力が試される時でしょうか。

もし、本当にルーカス・トレイラが、リバプールへやって来るならば、これまでとは違ったタイプのエキスが加わることになるかもしれません。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.