Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

ビル・シャンクリー生誕記念日

投稿日:

CN4clYZUsAEQcnk
102年前の今日、1913年9月2日は、リバプールの歴史でも最も偉大な功績を残した男、ビル・シャンクリー生誕の日です。

ハッピー・バースデイ・ビル!

リバプール栄光の歴史は、ビル・シャンクリーから始まったと言っても過言ではないと思います。

それほどまでに、リバプールというクラブにとって、重要な位置にある偉大なる存在だと言っていいでしょう。

歴史を感じさせるのは、ビル・シャンクリーの現役時代に起こった出来事です。
プレイヤーとして、活躍していた道半ばで、第二次世界対戦が勃発。
フットボールのリーグ戦は、中止とされ、ビル・シャンクリーは、プレイをする機会を奪われました。

ようやく終戦となり、リーグ戦が再開した直後には、現役引退・・・。

CN4ckeGUcAAO0z1

しかし、ビル・シャンクリーのキャリアが花開くのは、指導者としての道を歩みはじめてからでした。

リバプールの監督に就任したのは、1959年のこと・・・。
ビル・シャンクリーが、リバプールの監督になった時期は、8年間も2部リーグに沈んでいるという低落期でありましたが、ビル・シャンクリーは、見事にチームを鍛え上げ、就任3年目にして、クラブをトップリーグへと押し上げました。

さらに、昇格2年目にして、トップリーグで優勝を飾るという偉業を成し遂げています。

Shankly_Gates

また、ビル・シャンクリーの凄さは、監督時代の実績だけではありません。

素晴らしい功績を残した監督は、他のクラブにもいますが、ビル・シャンクリーが、傑出しているのは、しっかりと後継者を育てて、次世代において大輪の花を咲かせたことです。

その後継者こそ、ボブ・ペイズリー。
リバプール最高潮、黄金時代を築いたボブ・ペイズリーに指導者哲学を植え付けたのも、ビル・シャンクリーでした。

偉大な監督が、代わってしまったら、さっぱり・・・という状況にはしなかったところに、凄さを感じます。

ビル・シャンクリーは、1981年9月29日、天国へと旅立ちました。

それでも、リバプールの人々は、シャンクリーゲートと名付ける門をつくり、いつまでも、その恩を忘れることはありません。

本当に、偉大な監督でした。

これからも、天国で見守ってくれますように。

-レジェンド
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.