Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ベシクタシュがダニエル・スタリッジ獲得に動いているとの報道も

投稿日:


チェルシーからリバプールへやって来た際、ダニエル・スタリッジは、本来希望していたストライカーのポジションを任され、その才能を開花させたと言っていいとおもいます。
特に、ルイス・スアレスとのコンビは、SASと呼ばれ、圧倒的な決定力を示したものでした。
ただ、ダニエル・スタリッジにとっての大きな課題は、怪我との戦いでした。

トルコのベシクタシュが、ダニエル・スタリッジ獲得に動いているとの報道は、以前からあったわけですが、Turkish Footballの記事を元にエコーが報じるところによれば、ベシクタシュのダニエル・スタリッジ獲得にグリーン・ライトが灯ったとされています。

リバプールにとって、あるいはダニエル・スタリッジ本人にとっても難しいのは、その契約期間が来年2019年の夏で満了になるという事実ですね。

このままダニエル・スタリッジを残せば、来年にはフリー・トランスファーになってしまう。
一方、リバプールが契約延長をしようにも、ダニエル・スタリッジのサラリーは、非常に高額だという部分も考慮しなくてはいけないことでしょう。

現状におけるダニエル・スタリッジの出場頻度や残した結果をみれば、サラリーに見合う活躍が出来ているか?と問えば、非常に残念なことに、そうではないとおもいます。

ただ、サラリーを減額しての延長オファーも、現実には難しいだろうし、リバプールとしては、この夏に決断を迫られることになるかもしれません。

おそらくリバプールは、新シーズンもロベルト・フィルミーノの才能を活かすような戦術をメインで組んでくることでしょう。
そうなると、ダニエル・スタリッジを起用するにしても、セカンド・チョイスになってしまう。

サラリーが高くなるというのも、時に難しい状況を生む場合がありますね。

ダニエル・スタリッジのほうから、サラリーを減らしてもいいから、リバプールに残りたいという申し出があれば別ですが、それも現実的ではないとおもいます。

ベシクタシュは、以前からダニエル・スタリッジを欲しがっているとされており、しっかりとした処遇で迎えてくれるならば、この話が進む可能性もゼロではないように感じます。

本来ならば、1月にローンで出た機会に、ダニエル・スタリッジは、本来の才能を見せつけておきたかったですね。
ローン先でも、怪我に悩まされるということになってしまった今、リバプールとしても、何らかの決断をする時期がきたのかもしれません。

-移籍関係
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.