Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

フロントスリーで得点争いをするわけではない 一緒にやるんだ (ユルゲン・クロップ監督記者会見)

投稿日:


先ほど来、プレミアリーグ第2節のクリスタルパレス戦を控えたユルゲン・クロップ監督の記者会見が行われています。
その中で、ユルゲン・クロップ監督は、フロントスリーについて触れており、その言葉が印象的でしたので、ちょっと取り上げてみたいと思います。

ユルゲン・クロップ監督は、彼等フロントスリーが、得点の数を競うわけではないとし、試合に勝つために一緒になってやるのだ!という意思を明確に発していました。

たとえば、サディオ・マネの名前を出し、オフェンシブ・ミッドフィールダーの役割をよくやってくれていると。

フロントスリーといえど、ディフェンスでも貢献する必要があるという考えを、改めて語ったものと言えそうです。

これは大切なことだと思うし、実際、リバプールのフロントスリーは、エゴむき出しのシーンは、ほとんどなく、仲間を活かそうとしている姿勢が顕著ですね。
ここが、強い由縁だと、私も思います。

3人が、ばらばらになってプレイをしていたら、あるいは誰か一人を特別扱いしたら、あの魅力的なリバプールの攻撃スタイルは相殺されてしまうことでしょう。

こういうことを明言するユルゲン・クロップ監督ですから、たとえゴール数が、他のプレイヤーより少なかったとしても、間違いなくそのプレイの貢献度を見ているだろうし、評価しているはず。

プレイヤー達も安心して、チームのために尽くすことが出来ますね。

リバプールのフロントスリーは、メッシでもなく、ロナウドでもなく、ネイマールでもない。
3人が揃って、しかも流動性に富んだハーモニーを奏でるからこそ、破壊力抜群なのだと思います。

この方針は、ぜひシーズンを通じて貫いてほしいですね。

リバプールの試合は面白い!
そんな試合をこれからも見せてほしいと思います。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.