ディルク・カイトがリバプールのプレイヤーとなった日にあたり


ディルク・カイトがアンフィールドで躍動していた日々。
今もなお、その姿は瞼に焼き付いています。
一言、素晴らしいプレイヤーでした。
今日、8月18日は、そのディルク・カイトが、リバプールのプレイヤーとなった日にあたります。

ディルク・カイトが、フェイエノールトからリバプールへやって来たのは、2006年夏のこと。
あれから12年の歳月が経ったのですね。

当時、リバプールを率いていたのはラファ・ベニテス監督で、ディルク・カイトへ寄せる期待は、非常に大きなものがあったと思います。
時には、使い過ぎではないか!と、心配の声があがるほどに。

それでも、ディルク・カイトは常に全力で走り続けました。

ディルク・カイトが、リバプールに在籍していた期間は、2006-2012で、その間における公式戦出場は285試合で、71ゴールを記録しています。

71ゴールも素晴らしい記録ですが、ディルク・カイトの素晴らしさは、ゴール数だけでは語れませんね。

常にハードワークをし、チームのためならば、どんなポジションであっても全力を尽くした。

ラファ・ベニテス監督時代のリバプールは、数年にわたり、ディルク・カイトにラブコールを送っていたとされていました。
それが実ったのが2006年ということになりますが、リバプールに加入当時は、ストライカーとしての役割を担っていたと思います。

やがて、フェルナンド・トーレスが加入し、ルイス・スアレスがやって来て、ディルク・カイトに求められる役割にも変化が生じてきます。
それでも、常に高いパフォーマンスを発揮し続けた姿勢は、賞讃に値すると思います。

リバプールを去ってから今に至るまで、常にディルク・カイトはリバプールを応援してくれています。
その気持ちが、何よりも嬉しいですね。

こんなプレイヤーがいたならば、監督としては大助かりだったことでしょう。

また、機会をつくってアンフィールドへメルウッドへ来てほしいし、そのときにはコップ達が大歓迎することは間違いないと思います。

エバートン戦、マンチェスター・ユナイテッド戦に滅法強く、コップのハートを握ってやまなかったディルク・カイト。
リバプールのレジェンドだと言っていいと思います。

これからのディルク・カイトの人生が、素晴らしいものでありますように。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]