ロボのスコットランド代表キャプテン就任を祝福するファン・ダイク


昨日、お伝えをしましたとおり、リバプールのファンが選ぶ8月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスには、ファン・ダイクが選出されました。
ご存知のとおり、ファン・ダイクはオランダ代表のキャプテンでもあるわけですが、ロボがスコットランド代表のキャプテンになったと知ったときには、とても歓んだそうです。

以前、ファン・ダイクがロボについて語っていることをお伝えしたことがありますが、この二人は、とても良い関係性が築かれ、続いているようですね。

ファン・ダイクは、スコットランド代表キャプテンとなったロボに祝福の連絡をしていたことも明かしています。

Liverpoolfc.comへファン・ダイクは言葉を寄せており、その中には、次のようなものもありました。

(Virgil van Dijk)

キャリアの中でも最高の栄誉のひとつだと、ぼくは思うよ。(ロボの代表キャプテン就任)
国のキャプテンになるということはね。

ロボが、スコットランドのキャプテンになったと知ったときには、ぼくは彼のために、本当に嬉しかったよ。
フェイスタイムで、彼におめでとう!と、伝えたんだ。

特別なことだね。
彼自身、彼の家族のためだけではなくね。
本当に特別なことだよ。

考えてみれば、これでリバプールの最終ラインには、代表キャプテンが2人並んでいることになりますね。
リバプールファンにとっても栄誉だと思います。

また、今回の発言の中で、ファン・ダイクは、イングランド代表に選出されたジョー・ゴメスとトレント・アレクサンダー=アーノルドのことについても触れており、若手2人の活躍も祝福しつつ、彼等は素晴らしい!ともしていました。

ファン・ダイクは、最終ラインのメインマンであり、リーダー的存在ですから、ジョー・ゴメスとトレントにとって、励みになることだと思います。

まだまだシーズンは長いわけですが、どうやらリバプールの最終ライン、そのファーストチョイスは固まりつつある。
そんな感がいたします。

若いタレントが並ぶだけに、これからの成長が見込めますね。
これは、楽しみなことが待っていそうな予感がします。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]