これからの過密日程をも楽しみだと語るファン・ダイク

Virgil van Dijk


いよいよ明日には、プレミアリーグが再開となり、まずリバプールはトッテナムとの対戦を控えています。
ここからは、超過密日程へと突入し、強豪チームとの試合が続くわけですが、ファン・ダイクは、何もかもが楽しみだ!としています。
また、自らのチームに対して、それだけの自信をも持っているようです。

ファン・ダイクは、これから続くビッグマッチを前にして、「楽しまないとね!」とさえ語り、すべての試合で100パーセントを発揮していく!と、意気込みを吐露しています。

これは、Liverpoolfc.comへ向けて、ファン・ダイクが語ったもので、この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Virgil van Dijk)

楽しまなければいけないね。

良い時であり、どの点から見ても、ぼくは楽しみにしているよ。
何が起こるかをぼく達は見ることになるだろう。

ぼくは、自分達のチームに自信を持っているし、それだけのプレイヤーをぼく達は持っている。

メンバーの層は、とても厚くなっているから、ぼく達は高い水準を維持できるはずさ。
そうしていきたいね。

とてもハードになることは、ぼく達も分かっている。
だけど、ぼく達はすべての試合に100パーセントを捧げるし、毎日100パーセントで行くよ!

とてもハードでタフな試合になるだろうね。(トッテナム戦のこと)
彼等は、とても良いチームだからね。
でも、ぼく達だっていいチームだ。

とても興味深いものになるだろう。
だけど、ぼくはこのチャレンジをとても楽しみにしているのさ。

ファン・ダイクが秘めたる底知れぬポテンシャル。
今、私達が見ているよりも、ずっと奥深いものがあるように、私は思っています。

相手が強敵であれば強敵であるほど、それを抑えるだけの力を発揮できる。
そんなプレイヤーではないかと。

ファン・ダイクがいない最終ラインは、もはや考えられないほどになっているし、本人も心身共に充実しているようですね。
まずは、連戦のスタートとなる明日のトッテナム戦。
ファン・ダイクの活躍とリーダーシップに期待したいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]