ロベルト・フィルミーノの負傷でリバプールに朗報

Roberto Firmino


土曜日にウェンブリーで開催されたトッテナム戦において、眼を痛めたことにより、セカンドハーフの途中でジョーダン・ヘンダーソンと交代してベンチにさがったロベルト・フィルミーノですが、その状態が心配されたところです。
LFCが公式に発表をしたところによれば、試合後にボビーはロンドンの病院へ行ったとのこと。
診断の結果、確かに目の損傷は確認されたものの、長くかかるようなものではないそうです。

今後も、チームドクターが様子を見ていくとのことですが、現時点において、ボビーはPSG戦の出場から除外されていないと、LFCはアナウンスしています。

まずは、ほっと一安心ですね。
眼球などを深く傷つけていたら、非常に心配だと思っていたので、よかったと思います。

万が一、ボビーを欠くことにでもなれば、リバプールにとっては大き過ぎる痛手だし、いわゆる軽傷で済んだことは、不幸中の幸いでした。

なお、LFCによれば、ロンドンの病院へ寄った関係で、ボビーはチームメイト達からは遅れてリバプールへの帰路についたとのこと。
チームドクターが付き添ったのことです。

また、チームメイト達は、ボビーへ励ましのビデオメッセージを送った模様。
良くなりますようにという内容だったようです。

これでまたひとつ、チームメイトの絆が深まればいいですね。

しっかりと病院でも診察をしてもらったようだし、言えることは、ボビーの怪我はシリアスではない。
リバプールファンにとっても、ほっとするニュースでありました。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]