リバプールで歴史を刻みたい(ファン・ダイク)


本年1月1日に、リバプールのプレイヤーとなったファン・ダイク。
今年の夏は、初めてプレシーズンをほぼフルで過ごすことができましたね。
そのパフォーマンスは傑出していると思うし、いまやファン・ダイクなしのチーム構成は考えられないレベルにあるとさえ思います。

そのファン・ダイクですが、リバプールへやって来て以来、とても充実した日々を送っているようです。

ファン・ダイクが語ったことをDailymailなどが報じていますが、「何もかもを楽しんでいるよ」と、ファン・ダイクは言っていたそうです。

さらにファン・ダイクは、こんなことも言葉にしたとのこと。

「勝ち取りたいんだ。ここで思い出をつくりたいし、すべての仲間と一緒に歴史を刻みたい」

リバプールでの仲間達と一緒になって、クラブの歴史を刻みたいとするファン・ダイク。

かつてリバプールには、黄金時代とよばれた時期がありました。
無敵といってもいいほどの強さ。

そのリバプールが、プレミアリーグになってからは、リーグ制覇を成し遂げていません。
もし、そのタイトルをリバプールが獲得すれば、文字通り歴史を刻むことに。

ファン・ダイクは今、心身共に充実し、鋭気がみなぎっているようですね。

心強いリーダーだと思います。

ファン・ダイクがチームメイト達と一緒に成し遂げたいとしていること。
ぜひ、実現したいですね。

その姿をファンも全力で後押しすることでしょう。

共に夢を叶えるために。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]