リハビリをポジティブに捉えるアレックス・オックスレイド=チェンバレン 先日からボールをキック出来るように

Alex Oxlade-Chamberlain


今シーズンのリバプールにとって、とても残念なことはといえば、アレックス・オックスレイド=チェンバレンの負傷が思いのほか重く、もしかしたらシーズンアウトになりそうだということですね。
昨シーズンは、特に後半において傑出したパフォーマンスを見せていただけに、悔やまれるところですが、起こってしまったことだし、今を、これからをどう過ごすかが大切なのだと思います。
アレックス・オックスレイド=チェンバレンは、日々リハビリに励んでおり、その段階も進んで来ているようです。

LFCが、アレックス・オックスレイド=チェンバレンのコメントを紹介しながら報じるところによれば、先日からボールをキックすることが出来るようになったとのこと。

チェンバレンは、「長い道のりだけど、ぼくはポジティブでいるよ」という趣旨の発言をしており、まだ、あまり上手くは蹴れないけれど、ボールをキック出来るようになったとしています。

これは、大きな一歩ではないでしょうか。

昨シーズンでのチャンピオンズリーグ。
私としては、特にマンチェスター・シティ戦でのパフォーマンスが印象に残っています。

そんなチェンバレンですが、CL準決勝のローマ戦で膝を負傷。
当初言われていたよりも、長期離脱になることが明かされていました。

フットボーラーにとって、怪我による長期離脱は、フィジカル面だけでなく、メンタル面でもタフなことだと思います。

しかし、チェンバレンは前向きにがんばっている。
応援したいですね。

ここはじっくり治して、来シーズンにかけてほしい。
まだチェンバレンは若いわけだし、これから沢山の活躍の場が待っていることでしょう。

イングランド代表の方も、次のワールドカップを十分に狙える年齢だと思います。

チェンバレンは、テクニックがあるだけではなく、パンチ力、瞬発力に秀でているし、リバプールの中盤に加わってくれれば、更なる戦力アップは間違いないところ。

チームメイト達の、そして勿論ファンのサポートを受けながら、より強くなって帰って来てほしいですね。

チェンバレンが、日々リハビリに励んでいることを忘れずにおきたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]