メルウッドの誰もがダニー・イングスを愛している(ユルゲン・クロップ監督記者会見)


既にお知らせしたとおり、先ほど来、明日のサウサンプトン戦を控えたユルゲン・クロップ監督の記者会見が行われております。
相手がセインツということで、ダニー・イングスのことも話題にのぼっておりました。
ユルゲン・クロップ監督は、メルウッドの誰もが彼を愛しているよと、語っています。

ご存知の皆様が多いように、ダニー・イングスはリバプールからのローンであり、明日の試合に出場することはありません。
ユルゲン・クロップ監督は、ダニー・イングスへの敬意も込めてでありましょう、それは良いことだとしています。

「メルウッドの誰もが、ダニー・イングスを愛している」

「彼が(私達を相手に)プレイ出来ないのは良いことだね。彼は、いつだって脅威だからさ」

「私達は、常に密接に彼をフォローしている。彼はまだ、私達のボーイだからね」

ユルゲン・クロップ監督らしい言い回しかと思います。

彼はまだ、リバプールのプレイヤーなんだ!と。

ダニー・イングスも、この言葉を聞いたら嬉しいことでしょう。

サウサンプトンで9番を背負ったダニー・イングス。
先日の試合でもゴールを決める活躍を見せました。

明日の出番はありませんが、ユルゲン・クロップ監督が、しっかりとエールを送った形かと思います。

私もダニー・イングスの幸運を願う一人として、監督の言葉を嬉しく受けとめたところです。

リバプール戦には出られませんが、他の試合で大活躍をしてほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]