ストロングポイントとなったリバプールのディフェンス陣


土曜日に開催されたチェルシー戦は、本当に白熱した好ゲームになりましたね。
この試合では、リバプールが何度となく決定機をつくりましたが、チェルシーの粘りもあり、なかなかゴールを決められない展開となりました。
一方、チェルシーも攻撃に優れたタレントを持っており、迫力のある攻撃を仕掛けてきたと思います。

チェルシーにつくられた決定機を阻止したのはアリソンで、さすが!というところを見せてくれたと思います。
飛び出すタイミングなど、判断力も抜群でしたね。

また、1失点はしたものの、センターバックの二人も、本当によくがんばってくれたと思います。

ワールドクラスのゴールキーパーであるアリソンを獲得したリバプール。
センターバックでは、ジョー・ゴメスが成長し、ファン・ダイクのパートナーとして、非常に良い関係を構築していることが分かります。

リバプールのゴールキーパーとセンターバックといえば、近年ではウィークポイントだと言われることが多かったわけですが、いまやプレミアに誇れる陣容が揃ったかと。

ファン・ダイクとジョー・ゴメスが組むと、前線へのフィード力が高まるし、何よりスピードがある!というところがストロングポイントだと思います。

昨日も書きましたが、ファン・ダイクとジョー・ゴメスが、ウィリアンの独走を止めたシーンには、しびれました。

また、両サイドバックには、若手のトレント・アレクサンダー=アーノルドとアンドリュー・ロバートソンがめきめき成長をしており、心強い布陣となっています。

このディフェンスラインは、かつて言われたようなウィークポイントどころか、リバプールのストロングポイントとなったように、私には思えます。

リバプールとして特徴的なのは、トレント・アレクサンダー=アーノルド、ジョー・ゴメス、アンドリュー・ロバートソンと、英国系の若手がディフェンスラインに3人いることですね。
これは、ナショナルチームとしても大歓迎なのではないでしょうか。

年齢的にも、誰も皆、まだまだ長くやれるわけだし、リバプールのディフェンス陣は、これからが明るい!
私は、そう言いたいと思います。

より強いチームとなっていくために、リバプールにとって、非常に大きなプラス要素ではないでしょうか。

リバプールといえば、やはり攻撃力にスポットが当たりますが、このディフェンス陣はすごい!
おそらく今後、そういった声も多くあがって来るように思います。

期待大!ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]