Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

マンチェスター・シティ戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(金曜日)

投稿日:


明日、日曜日にはアンフィールドでマンチェスター・シティと戦うリバプール。
このビッグマッチを控え、金曜日にもメルウッドでトレーニングが行われています。
ナポリ戦では、試合終了直前に決勝ゴールを奪われたわけですが、こういうときにプレイヤーとしては、むしろ早く試合をやりたい!という気持ちのほうが強いかもしれませんね。

まず、リバプール対マンチェスター・シティ戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『リバプール対マンチェスター・シティ戦(プレミアリーグ第8節)の試合日程や放送予定など』

さて、金曜日の夕方にメルウッドで行われたトレーニングの模様については、その一部がLFCによって公開されていますので、今回は、その様子を見ていきたいと思います。

なかなか出番のないシモン・ミニョレですが、いつでも行ける準備はしていると思うし、こういうときこそ応援してあげたい気持ちになります。
しっかりとコンディションを整えておいてほしいですね。

モハメド・サラーとデヤン・ロブレン。
二人ともに、良い表情をしていますね。
今シーズンのパフォーマンスについて、いろいろ言われているモハメド・サラーですが、私としては、モーを信じて待ってあげれば、必ずや調子を上げてくると見ています。

ナサニエル・クラインも出番を欲している一人だと思います。
サイドバックは、アップダウンの繰り返しなど、体力が必要となるポジションだし、今後ナサニエル・クラインの力が必要になる時も来ることでしょう。
しっかりと準備をしておいてほしいと思います。

今後、リバプールが勝利を続けていくためには、シェルダン・シャキリをどのように起用していくかも、大きな鍵になると思います。
リバプールへやって来て以来、好調を維持しており、モチベーションも高そうだし、効果的に使っていきたいですね。

心配されたナビ・ケイタですが、トレーニングにその姿を見ることができました。
まだ土曜日もあるし、マンチェスター・シティ戦にゴーサインが出るといいですね。
大事に至ることがなく、本当によかったと思います。

トレント・アレクサンダー=アーノルドとアンドリュー・ロバートソン。
すっかりリバプールの両サイドバックとして、そのポジションを確立した感があります。
この二人が躍動する試合展開になったとき、リバプールは強さを発揮すると言っても過言ではないように思います。

ファン・ダイクとジョー・ゴメスは、その関係性も良いようですね。
ジョー・ゴメスにとっては、素晴らしいお手本がチームメイトとしているわけだし、どんどん成長してほしいし、おそらくそうなるだろうと私は考えております。

ワールドカップでの奮闘により長い離脱になったデヤン・ロブレンですが、元気そうな姿が見て取れます。
センターバックは重要なポジションだし、ベスト・コンディションに持って行ってほしいですね。

サディオ・マネの表情も明るいですね。
今シーズンになって、サディオ・マネは、コンディションも良さそうだし、どんな体制でもボールに食らいつく姿勢、粘りが効くところは、さすがだと思います。

トレーニングには、アダム・ララーナの姿も。
あとは、どのタイミングで実戦復帰をするか!でしょうか。
そのスキルはかけがえのないものだし、ぜひ元気な姿を再び見せてほしいと期待します。

サディオ・マネとロベルト・フィルミーノ。
マンチェスター・シティ戦では、攻撃的に行くだろうと、私は思っていますが、そのとき彼等にかかる期待は、非常に大きなものがあります。
躍動してほしいですね!

ドミニク・ソランケも、出番を欲している一人だと思います。
ダニエル・スタリッジが好調なこともあり、なかなかベンチに入ることは出来ませんが、こういったトレーニングでアピールしてほしいところです。

現在は、スーパーサブ的な役割を担っているダニエル・スタリッジ。
今シーズンは、怪我もなく来ており、近年においては非常に良い状態だと言っていいと思います。
そのスキルの高さは、誰もが認めるところであり、その決定力のすごさを今後も見せてほしいですね。

リバプールの守護神となったアリソン。
プレミアリーグにも慣れて来ているようだし、これからが益々楽しみな存在ですね。

アダム・ララーナ再び。
まずは、ベンチに入るところからでしょうか。
アダム・ララーナが控えていれば、戦術の幅も拡がるだろうし、ベストコンディションで帰って来てほしいところです。

サディオ・マネは、かなり躯がキレていると思うし、貪欲さも感じられます。
ゴールまで、あと一歩!というシーンも結構あるし、マンチェスター・シティ戦では、相手ディフェンスを苦しめることが出来るタレントではないでしょうか。

攻撃面では勿論、ディフェンス面でも貢献ができるロベルト・フィルミーノ。
私としては、マンチェスター・シティ戦で期待したいプレイヤーにあげたい!と、思っております。

最近のパフォーマンスについて、地元ではジョーダン・ヘンダーソンに厳しい意見もあるようです。
それを払拭するようなプレイを見せてほしいですね。
ユルゲン・クロップ監督が、マンチェスター・シティ戦のスタメンに、ヘンドをチョイスするのか?それとも否か?
これは、なかなか注目されるポイントだと思います。

このアングルで見ると、シェルダン・シャキリとファン・ダイクのデカさの違いが・・・・。
何だか、ファン・ダイクの半分くらいしか身長がないようにさえ見えてしまいます。
重心が低く、くるくるターンできるところもシャキリの魅力でもあり、こういうプレイヤーも貴重ですね。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンが復帰をするのは、まだ先のことですが、ユルゲン・クロップ監督の記者会見によれば、新たな負傷者は出ていないとのことでした。
さて、マンチェスター・シティ戦で、誰をチョイスするのか!
ここは、注目をしてみたいと思います。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.