ビルヒル・ファン・ダイクはハダースフィールド戦に間に合うとの見解を示すロナルド・クーマン監督(オランダ代表)

Virgil van Dijk


オランダ代表のキャプテンであるビルヒル・ファン・ダイク。
先日のドイツ戦ではフル出場を果たし、自らゴールも奪う活躍を見せ、3-0で完勝を果たしています。
しかし、肋骨に問題があり、ベルギー戦は欠場し、リバプールへと帰る措置が取られています。

肋骨といえば、以前からファン・ダイクは痛みを抱えており、オランダ代表としては、リスクを回避するという考えの元、キャプテンをリバプールへと帰したもののようです。

オランダ代表の監督を務めるロナルド・クーマン監督が、ファン・ダイクのことについてコメントをしており、そのことはSky Sportsなども報じています。

クーマン監督によれば、ファン・ダイクのことはリバプールのメディカル・スタッフとも話し合いを行い、ベルギー戦欠場を決めたものであり、週末のハダースフィールド戦(プレミアリーグ)ではフィットできるとのこと。

以下、クーマン監督の発言骨子を、私なりにまとめてみたいと思います。

(Ronald Koeman)

彼はリバプールへと帰ったが、週末にプレイをする準備は出来ている。
彼にとっては休息だよ。

オランダのメディカルスタッフは、リバプールのメディカルスタッフと話をした上で、彼はドイツ戦だけでプレイをすることにしたんだ。
そして、その後には、リバプールへ帰るとね。

彼は、週末にプレイをする準備が出来ているよ。

オランダ代表とリバプールは、よく連絡を取り合えていたようですね。

いずれにしても、ファン・ダイクの状態が、とても悪くなったということではないようです。

クーマン監督の言葉どおりだとすれば、オランダ代表としてのリバプールへの配慮でしょうか。

それだけ、ファン・ダイクが信頼もされており、普段から貢献をしているからこそ、こういった措置も取られたのだと思います。

とりあえず、オランダ代表、クーマン監督の見解が出たので、あとはユルゲン・クロップ監督の記者会見を待つのみですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]