アーセナルがアルベルト・モレノ獲得に関心を持っているとの報道も あるいはリバプールの左サイドバックのこと


季節柄、移籍にまつわる話題が増えてきておりますが、時折、本当!?というような情報も飛び出してきますね。
今回は、アルベルト・モレノのこと、また多少リバプールの左サイドバックのことを書いてみたいと思います。

アルベルト・モレノが、今後どうなるのか?は、置かれた状況からも気になるところです。
左サイドバックのポジションでは、アンドリュー・ロバートソンが大活躍をしており、モレノの出場機会は激減しています。

また、モレノの今後を考えるとき、リバプールとの契約が来年の夏で満了となるということも念頭に入れておく必要があるかと。

そんな中、Mirrorが報じるところによれば、アーセナルがモレノ獲得に関心を持っているとか。

同誌によれば、アーセナルは左サイドバックを担当するプレイヤーを探しており、その候補としてモレノの名前があるというものです。

長くベンゲル体制が続いたアーセナルですが、今シーズンからはウナイ・エメリ監督が指揮を執っています。
このエメリ監督ですが、かつてセビージャを率いていた経験があり、その時期にモレノはセビージャに在籍していました。

いわゆる旧知の仲ということで、エメリ監督はモレノを高く評価しているとMirrorは報じています。

アルベルト・モレノファンには辛いところですが、現実問題として、アンドリュー・ロバートソンとは、だいぶ差をつけられてしまったというのが現状ではないでしょうか。

モレノの将来を考えたとき、その年齢からしても、出場機会を求めての移籍は、十分に可能性はあると思います。
というよりも、リバプールは契約延長をする考えを持っていないと見る筋も多いようです。

となると、仮にモレノを放出するとして、その時期はいつなのか?ということになりますね。

1月に放出すれば、移籍金は入ってきます。
しかし、私はいつも不安なのですが、万が一ロボに何かあったとき、左サイドバックは大丈夫なのか?という課題があります。

以前からエコーなどが報じるところによれば、リバプールはモレノを夏までキープして、フリートランスファーにする考えも持っているとされています。

となると、モレノの移籍は来年の夏か?

ところで、仮定の話ですが、モレノが新天地を求めた場合、ではもう一人の左サイドバックはどうするのか?という課題は漏れなくついてきます。

噂のレベルですが、いまだにリバプールは、レスター所属のベン・チルウェル(イングランド)獲得を狙っているという報道もあります。
一方、エコーなどは、以前のことになりますが、リバプールは若手であるアダム・ルイスを抜擢する考えがある!としているところです。

いずれにしても、現時点においてアルベルト・モレノは、ほとんどチャンスがもらえておらず、ロボに何かあったときにリバプールはどうするのか?という心配はついてまわります。
ここは、しっかりと検討もし、対処していきたいところですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]