レッドスター戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(火曜日)


現地時間水曜日にキックオフとなるチャンピオンズリーグ・グループステージのレッドスター戦。
リバプールは、メルウッドで前日トレーニングを行っています。
負傷者が出ている中ではありますが、トレーニングに参加したプレイヤー達からは、笑顔を見ることもできます。

火曜日のトレーニングについては、その一部をLFCが公開しており、今回は、その様子を見ていきたいと思います。

なお、リバプール対レッドスター戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『リバプール対レッドスター戦(チャンピオンズリーグ・グループステージ)の試合日程や放送予定など』

肋骨を痛めながら、プレイを続けているビルヒル・ファン・ダイク。
いまや、リバプールに欠かすことの出来ない存在であり、ちょっとハードワークになっていますが、今回もがんばってもらうことになると思います。
リバプールの大黒柱と言ってもいい存在かと。

アルベルト・モレノにも奮起してほしいですね。
リバプールは、良い戦績を残して来ていますが、不安があるとすれば、アンドリュー・ロバートソンが出場過多になることだと思います。
今後、年末・年始のハードスケジュールもやってくるし、ロボにも時には休息が必要だと思うし、アルベルト・モレノには、ぜひコンディションを整え、いつでも行ける準備をしておいてほしいですね。

ハムストリングを痛め、当初は、今月中は無理・・・と言われていたジェイムズ・ミルナーですが、驚くべき回復力を見せ、ピッチに帰って来ています。
ジョーダン・ヘンダーソンまでフィジカルに問題を抱えてしまった中、ミリーにかかる期待は、より大きなものになっていますね。

先日のハダースフィールド戦では、見事な決勝ゴールを決めたモハメド・サラー。
ゴールの感触も得ただろうし、これから調子をあげていってほしいですね。
エジプト代表合流中に怪我をしたものの、長引かずに本当によかったと思います。

ハダースフィールド戦では、セカンドハーフの途中でピッチを下がったアダム・ララーナ。
ちょっと心配をしていたのですが、元気にトレーニングへ参加していますね。

ダニエル・スタリッジ、トレント・アレクサンダー=アーノルド共に良い笑顔。
ダニエル・スタリッジは、リバプールの秘密兵器的な存在として、効果的に使って行きたいですね。

また、最近スタメンから外れているトレント・アレクサンダー=アーノルドですが、レッドスター戦では出てくるのではないでしょうか。

ロベルト・フィルミーノの表情もいいですね。
先日のハダースフィールド戦ではベンチスタート。
プレイをした時間も短かったし、良い状態でレッドスター戦に入れると思います。
リバプールの肝ですからね。

今シーズンは、センターバックとして、あるいは右サイドバックとして大活躍のジョー・ゴメス。
出場機会が増えるにつれ、どんどん成長している姿がうかがえます。
レッドスター戦ではスタメンなのか?それともベンチスタートとして、少し休ませるのか?
このへんは、ユルゲン・クロップ監督の判断になりますね。

ダニエル・スタリッジをリバプールの秘密兵器的存在と書きましたが、シェルダン・シャキリもそうですね。
キレの良さを維持しているし、レッドスター戦でも出場する可能性は十分にあると、私は思います。

リバプールの守護神アリソン。
クリーンシートを多く達成してきており、レッドスター戦でも期待したいですね。
アリソンとファン・ダイクがいることで、リバプールのディフェンスは、かなり良くなっているのは事実ではないでしょうか。

アンドリュー・ロバートソンも良い表情をしていますね。
私としては、ロボの疲労だけが心配です。
時にオフが取れればいいのですが。

ただ、今回のレッドスター戦に関しては、まず間違いなくスタメン起用でありましょう。

レッドスター戦では、スタメン起用が濃厚と思われるファビーニョ。
ここは、ファビーニョにとってアピールをする大きなチャンス到来ですね。
ぜひ、良い活躍を見せてほしいと願うばかりです。

今シーズンのジョルジニオ・ワイナルドゥムは、攻守に非常に効いていると思います。
アンカーの役割もしっかりとこなせるようになっているし、重要な戦力ですね。
ハダースフィールド戦では、ヘンドに代わり、セカンドハーフからピッチに入っています。
おそらく、レッドスター戦ではスタメンではないでしょうか。

左手の親指を痛め、手術をしたサディオ・マネ。
包帯を巻いていることも確認できます。
ただ、こうしてトレーニングも出来ているし、レッドスター戦ではスタートから来ますかね!

スローインだけはしないように。

若手の台頭もあり、なかなか出場機会が巡って来ないナサニエル・クラインですが、プレシーズンでの出来映えは悪くなかったと思うし、いつかチャンスが巡って来たときのために、しっかりとコンディションを整えておいてほしいですね。
努力する姿をユルゲン・クロップ監督は、必ず見ていることでしょう。

いろいろなポジションに負傷者を抱えるリバプールですが、何とか最終ラインと前線は、タレントを投入できそうです。
今回のレッドスター戦に関しては、中盤の人選が課題でしょうか。

チャンピオンズリーグ・グループステージで優位に立つためにも、2連勝を果たしたいレッドスター戦。
今回は、会場がアンフィールドであり、必勝!ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]