ユルゲン・クロップ監督のためにプレイ出来ることは幸せ(ナビ・ケイタ)


今年の夏、念願のリバプール入りを果たしたナビ・ケイタですが、この加入は、リバプールファンもずっと待ち望んでいたものでした。
現在は、ハムストリングに問題を抱えたため欠場している状態ですが、一日も早い復帰が待たれますね。

そのナビ・ケイタが、メディアのインタビューにこたえたものをLFCもオフィシャルで伝えています。
その内容を大きくふたつに分けると、ユルゲン・クロップ監督についてのこと。
もうひとつは、チームメイト達のこととなっています。

ナビ・ケイタは、ユルゲン・クロップ監督のためにプレイが出来ることは幸せだと語り、チームメイト達から学び、チームとして同じ目標を目指していることを言葉にしています。

ここでは、その一部ですが、私なりにまとめてみたいと思います。

(Naby Keita)

彼が監督としていてくれるのは、特別なことだよ。

彼はオープンな人であり、話しやすいんだ。
それに彼は、誰か一人のプレイヤーに、そうしているわけではない。
彼は、ぼく達全員のためにいてくれるんだ。

誰か一人のプレイヤーに集中したりなどしないよ。
みんなのために集中してくれているんだ。

彼は、ぼく達みんなを気にかけてくれるし、見ていてくれる。

彼のためにプレイが出来ることは歓びだよ。

ぼくは、彼等の経験から学んでいるよ。(チームメート達のこと)
彼等と一緒にトレーニングをし、より良くなろうとトライする。

ぼくが彼等を見ていると、監督は勿論言ってくれるよ。
「こういう風にやる必要がある」とね。
そういったことは、より良くなりたい!と、感じさせてくれるんだ。
ぼくは、進歩していきたい!

彼等とトレーニングが出来て、ぼくはとってもハッピーだしラッキーさ。

目的というものは、チームとしての目的なんだ。
ぼく達は、チームだからね。

チームの目的は、ぼくの目的でもある。

ぼくは、チームのためにプレイするよ。

達成したいものが何であろうとも、ぼくは彼等と共に成し遂げる。

ユルゲン・クロップ監督のために。
チームのために。

ナビ・ケイタが、繰り返し発している言葉でした。

思えば、ユルゲン・クロップ監督がリバプールへやって来て以来、多くのプレイヤーから、We’re a teamという言葉を聞くようになったように思います。

チーム全体に、その理念が根付いてきた証左でしょうか。

リバプールの試合を観ていると、どのチームよりも一体感があるように思えます。
このチームでタイトルを獲ったときには・・・。

その光景を思い浮かべる私ですが、近い将来、現実のものとして、この眼に焼き付けたいと願っております。

ナビ・ケイタも、コンディションを整えて、元気にピッチへ帰って来てほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]