リバプールがベン・ウッドバーンの1月ローン・バックを検討か

Ben Woodburn


リバプールの若き期待の星、ベン・ウッドバーン。
今シーズンはローンで、シェフィールド・ユナイテッドへ行っていますが、来る1月にもリバプールがローンから呼び戻すことを検討しているという報道があるのだそうです。
Goalが報じているものとして、エコーも記事にしております。

シェフィールド・ユナイテッドへ行ったものの、現実をみると、ベン・ウッドバーンは出場機会に恵まれておらず、エコーによれば9月19日以来、試合に出場していないとか。
これでは、ローンで出した意味もなくなってしまいますね。

そのような状況ならば、リバプールへ呼び戻し、U23の試合に起用したほうがよいと踏むか?

ベン・ウッドバーンは、リバプールのクラブ史上最年少ゴールを決めたことで、一躍時の人となりましたが、あと一歩ブレイクするに及んでいませんね。

その間、リバプールでは、ジョー・ゴメスが成長し、トレント・アレクサンダー=アーノルドもレギュラーの座を掴んでいます。

また、ドミニク・ソランケもリバプールに留まり、出場機会を狙っているという状況です。

ベン・ウッドバーンとは、年齢こそ異なれど、同じウェールズ代表でもあるハリー・ウィルソンが、ローン先でめざましい活躍を見せていることを思うと、対象的な感もいたします。

まだ若いプレイヤーだし、これからが大切な時。
どうすることが、ベン・ウッドバーンにとって最善の道なのか。
リバプールとしても、しっかりと考えていることでしょう。

ローンでプレイヤーを出す場合には、出場試合数にノルマを附したりという条件を設ける場合もありますが、ベン・ウッドバーンの場合には、そういったものはなかったのか?
そのへんは、ちょっと分かりません。

私としては、ベン・ウッドバーンは花のあるタレントだと思っているし、ぜひよりベターな道をチョイスしてあげてほしいと思っています。

まずは、1月の動きに注目でしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]