ハダースフィールドが1月でのドミニク・ソランケのローン獲得を希望しているとの報道も

Dominic Solanke


リバプールの若手ストライカー、ドミニク・ソランケですが、今シーズンは出場機会に恵まれておりません。
チェルシーの下部組織で育ち、昨年の夏にリバプールへやってきたソランケ。
将来を嘱望されている一人ですが、折に触れてローン移籍の噂は出ていましたね。

そのソランケについて、Sky Sportsが報じるところによれば、ハダースフィールドが1月でのローンによる獲得を希望しているとか。

ハダースフィールドは、プレミアリーグの降格圏に沈んでいましたが、このところ徐々に盛り返して来ていることも確かだと思います。
ただ、絶対的にピースが足りず、特に得点力に課題があるとされてきました。

ここまで、プレミアリーグでは、チーム総得点8、総失点は22という状況です。

さらに残留を確かなものにするため、ドミニク・ソランケを必要としているということでしょうか。

仮定の話ですが、もしソランケが、ハダースフィールドへ行くならば、ローンならば悪くない話のようにも思えます。
ハダースフィールドの監督は、ユルゲン・クロップ監督と強い絆がありますからね。

一方、私なりに考えるのは、果たしてリバプールは、ダニエル・スタリッジの処遇をどうしようとしているのか?という部分です。
契約満了時が近づいてきており、来る1月にスタリッジをどうするか?によって、話は変わってくるかと。
また、ディボック・オリギについても同様ですね。

リバプールが、1月の移籍市場で新しいストライカーを獲得するならば、ソランケのローンという線はより濃くなるかと思いますが、そうでないならば、スタリッジ、オリギの動向次第でしょうか。

ソランケは、まだまだ若いし、より多くの出場機会を得ることも大切だと思います。
もし、ローンの行き先がハダースフィールドなのであれば、むしろ願ってもない話のようにも感じます。

もうすぐ1月の移籍市場が解禁になりますね。
しばし、様子を見守ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]