Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対エバートン戦(プレミアリーグ第14節)の結果と感想

投稿日:


先ほど、アンフィールドで開催されたプレミアリーグ第14節、リバプール対エバートン戦が終了しました。
試合結果ですが、1-0のクリーンシートで、リバプールが勝利しています。
今回の勝ち点3については、非常に大きなものになったと思います。

率直に言って、エバートンはいいチームをつくってきていると感じたところです。
特に、守備の集中力が高かったのではと。

さて、今日の試合での決勝ゴールを決めたのは、途中からピッチへ送り出されたディボック・オリギ。
シュートが決まった時間ですが、実に90+6分のことでした。

追加タイムは、4分間が取られていましたが、エバートンのプレイヤーが傷みを訴えたりして、アディショナルタイムが伸びたもの。
おそらく、ディボック・オリギのゴールが生まれたシーンは、この試合でのラストプレイだったと思います。

ファーストハーフに関しては、リバプールに絶好のチャンスが数回訪れておりました。
特に、サディオ・マネは貪欲にゴールを狙っていたし、実際惜しいシーンがあったと思います。

一方、エバートンにも決定機があり、アリソンがビッグセーブをし、またジョー・ゴメスがナイス・カバーをしてゴールを守っています。
まさに、ディフェンス陣が一緒になって執念を見せたシーンだったと思います。

さて、ディボック・オリギのゴールですが、90+6分。
自陣でフリーキックを取ったリバプール。
トレント・アレクサンダー=アーノルドが、キッカーになり、間違いなくロング・ボールを前線へ供給するプランだったことでしょう。

しかし、慎重になったか?
トレント・アレクサンダー=アーノルドが、キックをするまでに多少の時間がかかりました。
すると、後ろからやって来たアリソンが、トレントにプレイを促すようにスタートする短いキック。

トレントとしては、相手ゴール前にボールを放り込むしか選択肢はなかったと思います。
しかし、そのボールも弾き返されます。
ただ、クリアボールがファン・ダイクのものとなり、ファン・ダイクはボレーシュートを狙います。

ファン・ダイクのボレーは、完全なミスキックで、ふかしてしまいました。
ミスキックだったことは、キックをした直後のファン・ダイクのジェスチャーでも明白。

しかし、完全なミスキックが幸いして、ボールが伸びず、ふわりと落ちてきます。
そのボールがエバートンのゴールバーに当たり、ゴール前に張っていたディボック・オリギの目の前へ・・・。

オリギがすることといえば、目の前に来たボールに触るだけでした。

とはいえ、本当に久しぶりの出場となったオリギは、文字通りラッキーボーイになりましたね!
しっかりとゴールを決めるポジションにいたということを誉めたいと思います。

それにしても、信じられないようなゴールでした。
私、曲がりなりにも長くフットボールを観ておりますが、こういう結末は初めてです。

今日はドローかと思った方々も多かったことと思います。
しかし、リバプールは勝った。

また、この試合でもクリーンシートを達成したことを忘れてはいけませんね。

なお、リバプールは3人の交代枠を使っています。

■71分:シェルダン・シャキリ → ナビ・ケイタ

■74分:モハメド・サラー → ダニエル・スタリッジ

■84分:ロベルト・フィルミーノ → ディボック・オリギ

最後に投入したピースがディボック・オリギ。

今回ゴールを決めたことで、ポジティブな方向へ進んでほしいですね。

リバプールにとって、実に大きな勝ち点3だと言っていいと思います。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.