ジョー・ゴメスは骨折 最大6週間の離脱へ

Joe Gomez


現地時間水曜日に開催されたプレミアリーグの対バーンリー戦では、1-3の逆転勝利を飾ったリバプールですが、不安要素も生まれていました。
試合中にジョー・ゴメスが怪我を負い、ストレッチャーで運び出されていました。
この件について、LFCが公式に怪我の評価について発表をしています。

LFCによれば、ジョー・ゴメスは、現地時間木曜日にしっかとしたチェックを受けた結果、メディカル・チームは左足を骨折していることを確認したそうです。
これは、あまりにも痛いですね。

今後、治療、リハビリをしていくことになるかと思いますが、その経過によるものの、LFCとしては、最大で6週間の離脱になるとしています。

今シーズンのジョー・ゴメスは、センターバックとしてビルヒル・ファン・ダイクとの良好なパートナーシップを構築しており、リバプールは二人のスピードあるセンターバックを保持する形となっていました。

また、ご存知のとおり、ジョー・ゴメスは右サイドバックとしても重用されており、トレント・アレクサンダー=アーノルドの負担軽減にも寄与していたところ。

しかも、年末・年始というイングランドでは最もハードな時期に骨折とは、不運としか言いようがありません。

リバプールにとって、大きな痛手であることは間違いないし、一番辛いのはジョー・ゴメス自身でありましょう。

ただ、起きてしまったことを悔いても事態は好転しません。
ここは、チームメイト達が奮起し、残されたメンバーで戦い抜くしかありませんね。

ジョー・ゴメスが不在になるということは、センターバック及び右サイドバックのいずれのポジションもピースを欠くということになります。

リバプールの1月の補強に影響を与えるのか?
これは、ひとつの課題となりそうです。

何よりも、ジョー・ゴメスの一日も早い復帰を祈りたいと思います。
こういうときこそ、チームメイト、ファンの支えが必要ですね。

ジョー!YNWA!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]