Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

ボーンマス対リバプール戦(プレミアリーグ第16節)の結果と感想

投稿日:

先ほど、プレミアリーグ第16節の対ボーンマス戦が終了しました。

試合は、0-4のクリーンシートでリバプールが勝利をおさめています。

リバプールの4得点のうち3ゴールは、モハメド・サラーが決めており、ハットトリック達成!

過密日程の中におけるアウェイでのボーンマス戦でしたが、結果も内容も良いものを出せたと思います。

まず、得点経過については、次のとおりです。

■25分:モハメド・サラー

■48分:モハメド・サラー

■68分:オウンゴール

■77分:モハメド・サラー

リバプールにとっては、いい時間帯に先制出来たことが大きかったと思います。

モハメド・サラー、1点目のゴールは、ロベルト・フィルミーノのミドルシュートが突破口となりました。

ボビーのシュートをゴールキーパーはストップすることが精一杯、しっかり詰めていたモーが、ばしっと決めています。

48分に生まれたモーの2ゴール目ですが、ハーフウェイライン辺りでボビーがボールを奪い、モーへとパスを出します。

そのままカウンターに入ったモーが、相手と1対1の図式をつくり、落ち着いて左足でゴール右隅に決めています。

リバプールにとっての3点目ですが、ファビーニョが左であがっていたアンドリュー・ロバートソンに縦パスを供給します。

ボールを受け取ったロボが、鋭いクロス。

これは、ゴール前にいたサディオ・マネを狙ったクロスだったと思いますが、相手ディフェンダー、クックのオウンゴールを呼び込んでいます。

リバプールの4点目、モーのハットトリックとなったゴールは、途中交代でピッチに入ったアダム・ララーナが縦に出したボールをモーがおさめ、相手ディフェンスを翻弄。

ゴールキーパーを2度かわすという足技をも見せつけてのゴールとなりました。

ハットトリックを達成したし、それ以外の働きぶりもモーは見事だったと思います。

また、ボビーの貢献度、その高さも忘れるわけにはいきません。

一方、影の功労者といえば、やはりジェイムズ・ミルナーでしょうか。

記念すべきプレミアリーグ500試合出場という節目にあたり、右サイドバックを担当したミリー。

実直に仕事をこなしてくれました。

結果的に、チームのクリーンシートにも貢献をし、トレント・アレクサンダー=アーノルドに休養を与えることが出来たのですから、大きな仕事をしたと言っていいと思います。

また、試合途中からピッチに入ったアダム・ララーナも、久しぶりに本来の持ち味を醸し出していたように感じました。

ちょっと頭部から出血するアクシデントがありましたが、シャープな状態でプレイをしている様子がうかがえたところです。

この試合において、リバプールは3人の交代枠を使っています。

■65分:シェルダン・シャキリ → サディオ・マネ

■65分:ナビ・ケイタ → アダム・ララーナ

■81分:ロベルト・フィルミーノ → ジョーダン・ヘンダーソン

これで、次の試合は、いよいよナポリ戦ですね!

ビッグマッチを前に、素晴らしい形で勝ち点3をゲットできたと思います。

まさに、グッジョブでした。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.