Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ファビーニョがセンターバックの役割を担うため待機しているとの報道も

投稿日:

プレミアリーグで首位を走っているリバプールですが、あえて不安要素をあげるとすれば、ディフェンスラインに負傷者が続いていることでしょうか。
右サイドバックのトレント・アレクサンダー=アーノルドについては、比較的早く復帰できそうな情報がありますが、センターバックのジョー・ゴメスとジョエル・マティプに関しては、まだしばらくは離脱が見込まれています。

過密日程を乗り越える中には、アーセナル戦、マンチェスター・シティ戦も入っているわけで、リバプールとしてはチームの総力をあげての踏ん張りどころだと言えそうです。

さて、センターバックですが、いわゆるシニアのプレイヤーとしては、ビルヒル・ファン・ダイクとデヤン・ロブレンの二人のみという状況になっています。

また、デヤン・ロブレンの場合には、決して怪我が少ないタイプではないし、あくまで私の印象ですが、よく風邪をひくことがあったと・・・。

万が一、デヤン・ロブレンを起用できない事態になった場合ですが、リバプールが打つ手としては、大きく分けて、ふたつの考え方があると思います。

ひとつには、アンダーのチームから若手を抜擢すること。
もうひとつには、別のポジションからコンバートすることですね。

そんな中、ユルゲン・クロップ監督の発言をエコーが報じており、ファビーニョがセンターバックの役割をも担うため準備をしているとのこと。
何かあったときのために待機している状態だそうです。

ユルゲン・クロップ監督は、今現在、センターバックのオプションがないことを率直に認めつつ、こんな発言もしたとされています。

「だが、ファビーニョはセンターハーフ(センターバック)でも上手くプレイ出来るよ。それはいいことだ」

しばらく前のことを思い出すと、ユルゲン・クロップ監督は、やはりアンカーが本職のルーカス・レイバをセンターバックとして起用していた時期がありましたね。
くしくも、同じブラジル人・・・というのは、偶然だと思いますが。

ファビーニョの場合には、身長が188cmあり、高さでは問題ないと思います。
足元の巧さは、勿論オッケー。

あとは、最終ラインとしての動きを会得することや、肉弾戦での強さを見せられるかにかかってきそうです。

リバプールとしては、ファビーニョにセンターバックを任せなくても凌げることが一番でしょうが、ファビーニョがセンターバックをどんな風にこなすのか?
ちょっぴり見てみたい気もします。

デヤン・ロブレンが怪我などをせず、問題なくプレイが出来れば、それに越したことはありませんが、チームとしてのリスク管理は怠らない。
そういうことかと思います。

-プレミアリーグ
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.