Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対アーセナル戦(プレミアリーグ第20節)の結果と感想

投稿日:

先ほど、アンフィールドで開催されたプレミアリーグ第20節、リバプール対アーセナル戦が終了しました。
試合は、5-1の大差でリバプールが勝利を飾っています。
早い時間帯に先制をしたのはアーセナルでしたが、むしろこのことが、リバプールに火を付けたようにも思います。

まず、得点経過については、次のとおりです。

▲11分:失点

■14分:ロベルト・フィルミーノ

■16分:ロベルト・フィルミーノ

■32分:サディオ・マネ

■45+2分:モハメド・サラー(PK)

■65分:ロベルト・フィルミーノ(PK)

ご覧のとおり、ロベルト・フィルミーノが、ハットトリックを達成しています。
おめでとう!と、言いたいですね。

まず、同点に追い付いたボビーのゴールですが、ボビーがモハメド・サラーへ向けて縦にボールを供給します。
モーは、潰れながらも上がってきたボビーにボールを繋ぎ、ボビーが落ち着いて決めきっています。

リバプールの2点目、逆転となったゴールは、立て続けにボビーが決めています。
サディオ・マネがトレイラにプレスを仕掛け奪ったボールをボビーへ。
そこからは、圧巻のショーでした。
ボビーは、まるでスラロームをするように、相手ディフェンダーを次々に翻弄しゴール!
あまりに美しく、素晴らしいゴールでしたね。

リバプールの3点目については、起点は右からのコーナーキックでした。
アンドリュー・ロバートソンが、深い位置から前線へボールを供給。
モハメド・サラーが落としたボールをサディオ・マネが強烈に蹴り込んでいます。

4点目は、PKによるものでしたが、まずアリソンのフィードを讃えたいと思います。
素晴らしい弾道とコースによるアリソンのキック。
ここからカウンターに入ったリバプールは、ボビーを経由して、モハメド・サラーへ。
ボックス内をドリブル突破するモーが倒され、判定はPK。
モー自らがしっかりと決めて、更にアーセナルを突き放すことに成功しています。

65分にボビーが決めたPKですが、ボックス内でデヤン・ロブレンが押し倒されPKを得たもので、キッカーを努めたボビーが落ち着いて決めています。
これにより、ボビーのハットトリックが完成しました。

試合の立ち上がりこそ、若干ファビーニョの横パスをさらわれたりと、ひやりとするシーンもありましたが、先制を許した後のリバプールは、圧倒的な強さを発揮したと思います。

何しろ、相手はアーセナル。
この試合での5得点は、2018年最後の試合を飾るにふさわしい内容だったかと。
これで、リバプールは、シーズン開幕以来、無敗のまま新年を迎えることになりました。

1失点はしたものの、あのゴールは、アリソンでも止められなかったと思います。
私としては、最終ラインもよくがんばってくれたと感じています。

リバプールですが、3人の交代枠を使っています。

■61分:サディオ・マネ → ジョーダン・ヘンダーソン

■77分:ジョルジニオ・ワイナルドゥム → アダム・ララーナ

■83分:アンドリュー・ロバートソン → ナサニエル・クライン

おそらく、この3枚の交代は、疲労の蓄積を避ける意味が強かったと思います。

ハットトリックが生まれた今日の試合。
ボビーは、勿論素晴らしかったし、全員でつかんだ勝利だと言えそうです。

派手さはありませんが、随所でジョルジニオ・ワイナルドゥムの存在も効いていたし、チーム力がものを言ったナイスゲームでした。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.