Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

止まらないユルゲン・クロップのリバプール監督就任説

投稿日:

Borussia-Dortmund-v-SV-Werder-Bremen-Bundesliga (1)
金曜日の記者会見で、続投表明をし、アストン・ヴィラ戦では勝利もあげたブレンダン・ロジャーズですが、いまだメディアの中では、解任説が消えないようです。

リバプールの動きにも、やや不思議な部分はありましたね。
カルロ・アンチェロッティとの接触は即座に否定したものの、ユルゲン・クロップの件については、何らコメントを出していません。

そういったことも、若干影響しているのか?
英国メディア筋は、すべてとは言いませんが、クロップがリバプールの監督に就任する方向で、事態は動いている・・・と、予想しているようです。

既にクロップ側もリバプールで指揮を執る準備は、整っているとも言われています。

一部メディアでは、オーナーとしては解任の方向で考えを固めているともされ、今後どうなるか?は、いまだ流動的な要素をはらんでいそうです。

やはり、目安としては、木曜日のヨーロッパリーグ、さらにはマージーサイドダービー!
この2試合の間、あるいは、その後が、ひとつの判断地点でしょうか。

というのも、マージーサイドダービーが終わると、2週間のインターバルが入ります。
動きがあるとすれば、そのあたりかと。

ちなみに、昨日のヴィラ戦で、勝利をあげたことから、ブレンダン・ロジャーズの続投を支持するか?というアンケートが行われていますが、圧倒的に'No'と答えているファンが多かったという実情もあります。

ロジャーズとしては、まだまだ試練の道が待っていそうです。

何より、監督問題が騒がれていると、プレイヤーへまで影響が及ばないか?が、ちょっと心配です。

プレイヤー達にとっては、クラブの運営は、手の及ばないことであり、思わぬ余波を浴びないことを願うばかりです。

状況的には、まだ数日は、監督去就問題が、いろいろ報じられる火種は残っていそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.