リバプールは最悪の対戦相手(アリエン・ロッベン)

チャンピオンズリーグ決勝トーナメントのラウンド16で、リバプールと対戦をするバイエルン・ミュンヘンですが、アリエン・ロッベンの発言をエコーが取り上げています。
チャンピオンズリーグにおいて、リバプールは最悪の対戦相手だと。

ただ、これは Football Oranjeのインタビューに応じたもので、基本的にビルヒル・ファン・ダイクに関する言葉となっています。
同じオランダ人として、ファン・ダイクの活躍を賞讃し、同時に歓んでいると捉えていいと思います。

その中から、エコーが取り上げているのは、リバプールと対戦をすることに対するアリエン・ロッベンの発言部分です。

たとえば、こんなことをアリエン・ロッベンは言っています。

(Arjen Robben)

リバプールは、昨シーズン決勝へ行ったように、とても上手くやっているね。
ぼくとしては、彼等をチャンピオンズリーグの優勝候補だと見ているんだ。

ぼく達にとって、それはおそらく最悪の組合せだった。
大きなチャレンジになるね。
ぼく達は、自分自身を今一度見つめ、改善に努めなければいけない。

もし、ぼく達にとって良い日となって、自分達が望むようなプレイが出来たならば、リバプールを苦しめることが出来ると確信しているよ。

アリエン・ロッベンの前に立ちはだかるビルヒル・ファン・ダイク!
と、書きたいところですが、アンフィールドでのファーストレグでは、ファン・ダイクは出場停止ですね・・・。

これは実際痛いことですが、そこはアンフィールドの魔力に後押しも貰って、何とかがんばりたいところです。

ドイツのチームは、リバプールとの対戦を非常に避けたがっていたとは、決勝トーナメントのドロー前から報じられていましたが、強さを発揮するときのリバプールは、爆発的ですからね。

ここは、私としては、リバプールを信じたい。
そう思っています。

むしろ、リスペクトして来る相手だからこそ、用心したいところです。
既に国内のカップ戦は終了しているだけに、チャンピオンズリーグとプレミアリーグは、最後まで走りたいですね!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]