ガレス・サウスゲート監督が次期マンチェスター・ユナイテッドの指揮官就任を検討しているとの報道も

ロシアワールドカップでは、イングランド代表をベスト4へと導いたガレス・サウスゲート監督ですが、俄にマンチェスター・ユナイテッドの監督候補として、その名前が浮上しているそうです。
Sky Sportsが報じています。

Sky Sportsの見解によれば、ガレス・サウスゲート監督は、マンチェスター・ユナイテッドの正規の監督として就任することを検討中だとのこと。
イングランド代表との契約については、昨年10月に延長しており、2022年のワールドカップまでとなっており、その動向が注目されます。

もし、本当にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任するならば、イングランド代表へも大きな影響が出ますね。
果たして、どんな決断をくだすのか。

マンチェスター・ユナイテッドは、リバプールに敗れた試合がきっかけとなり、ジョゼ・モウリーニョ監督を解任。
今シーズンいっぱいは、スールシャール監督が指揮を執ることになっており、同氏が監督を務めるようになってから連勝してきています。

仮に、Sky Sportsの見解が正しいとした場合、不確定要素があるとすれば、代表の監督とクラブチームの監督とでは、仕事の質が違うということ。
また、ビッグクラブの指揮官に向くタイプと、そうではないタイプがいるので、成功するか?は、やってみなければ分からないというところでしょうか。

指揮官の立場が安定しないと、長期的な選手育成は難しいし、補強でもプラスになることは少ないですね。
マンチェスター・ユナイテッドが、今後のクラブ運営をどう考えているのか。

今回の報道が出たことで、イングランドでは、しばしこの話題が取り上げられることになりそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]