アダム・ララーナはリバプールに必要(ユルゲン・クロップ監督)

Adam Lallana

アダム・ララーナのことに触れてみたいと思います。
近年、怪我に苦しめられている印象があり、昨シーズンは長期離脱もあり、復帰すれば、また怪我の連鎖という状況になっていることは、残念ながら事実です。
しかし、ユルゲン・クロップ監督は、リバプールには、まだアダム・ララーナが必要だとしています。

この考えをユルゲン・クロップ監督は、エコーに語っており、FourFourTwoも記事として取り上げています。

スピードや運動量もそうですが、ユルゲン・クロップ監督は、アダム・ララーナが生み出す『創造性』を高く評価しており、リバプールに必要なタレントであると考えている模様。

たしかに、今のリバプールにアダム・ララーナのような働き、動きが出来るプレイヤーがいれば、ゲームの流れを変えることが出来そうです。

私としては、ユルゲン・クロップ監督が語ったもののうち、この言葉が印象的でした。

「私達が、彼を必要としていることをアダムは知っている」

先日のFAカップは、アダム・ララーナが登場する絶好の機会でしたが、やはり怪我のために、メンバー入りは叶いませんでした。

しかし、今シーズンは、まだまだ沢山の試合が残っている。
これで、アダム・ララーナがコンディションを取り戻し、今後でもいいので、試合に出場できるようになれば、リバプールにとっては大きな後押しですね。

ユルゲン・クロップ監督の期待にこたえるためにも、ぜひアダム・ララーナには、コンディションを整えてほしいし、ピッチを疾駆する姿をもう一度見せてほしいと、切に願います。

アダム・ララーナは、イングランド代表でも、まだまだ必要とされるだろうし、しっかりとフィジカルをメンテナンスして、シーズンが終わるときには、「最高のシーズンだった!」と、言ってほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]