Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

スティーブン・ジェラードの夢はリバプールの監督になること(ディルク・カイト)

投稿日:

リバプールファンに愛され続ける存在。
それは、スティーブン・ジェラードでありディルク・カイトであり。
ディルク・カイトは、スティーブン・ジェラードが、リバプールのユースチームを率いることになった際、今後のことについて話をしたそうです。
そのことをディルク・カイトがDe Telegraafへ語ったとのこと。

ディルク・カイトは、スティーブン・ジェラードが抱いている夢は、いつかリバプールの監督になることだとし、そのためにプレミアリーグの外で指導者としての経験を積む選択をした。
自分自身で、その道を選んだという趣旨の発言をしています。

(Dirk Kuyt)

ちょうどスティーブンが、リバプールユースの監督になったとき、彼が今後どんな道を歩んでいくかについて話をしたんだ。

彼は、リバプールを去るという選択をすぐにしたよ。
プレミアリーグのスポットライトが当たる所とは別の場所に行くことを、彼は選んだ。

グラスゴー・レンジャーズはビッグクラブだ。
彼の夢は、リバプールの監督になることだからね。
その目的に辿り着くために、彼は自分の道を決めたということだよ。

リバプールの監督になるために。
ディルク・カイトの言葉を聞くと、あえてスティービーは、プレミアリーグの外へ出る道を選んだという感もあります。

思えば、スティービーもディルク・カイトもプレミアリーグ制覇を成し遂げることが出来なかった。
ただ、彼等の勇姿は、多くのファンの心に刻まれています。

いつか監督として、指導者として、夢のプレミアリーグ制覇を成し遂げてほしいですね。

いま、スティーブン・ジェラードは、夢の実現へ向けて、一歩ずつ進んでいる。
いつかその日が来たときには、大きな拍手で迎えましょう。

-レジェンド
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.