未分類

ラザル・マルコヴィッチがU23の試合でゴール

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

先ほどまで、U23のリバプール対スウォンジー戦が行われていましたが、リバプールが2-0の勝利を飾っています。
この試合で、リバプールに先制点をもたらしたのは、ラザル・マルコヴィッチ。
すっかりファーストチームでの出番を失っていますが、U23でがんばっていますね。

ラザル・マルコヴィッチは、1994年3月2日生まれの24歳。
誕生日が来ると、25歳になります。

花のある良いプレイヤーだと思うのですが、ここまでファーストチームでのチャンスがないと、その年齢を考えても、将来の道筋をつけてあげる必要があるだろうと、私なりには思っています。

ラザル・マルコヴィッチとリバプールとの契約は、今年の夏で満了となり、そういった事情もあり、この1月で移籍はあるのか?には、私も注目をしています。

ただ、ちょっと迷うのは、もし1月の放出をするならば、この時期に試合に出すだろうか?ということ。
もし、移籍の話が進んでいるならば、ここで怪我をさせてしまっては大変ですからね。

昨シーズンのリバプールは、エムレ・チャンをフリートランスファーで、ユベントスへ出しており、ラザル・マルコヴィッチも、そのパターンになるのか?

本人のことを考えた場合、そろそろ決断をする時期にも思えるのですが。
今年の夏で契約が満了になるといえば、ダニエル・スタリッジ、デンソーエアリービーズ、アルベルト・モレノなどがいます。

リバプールが、どんなプランを描いているのか。
この1月の動きは、まだ目が離せません。
補強と放出のバランスが上手く取れればいいのですが。
冬の移籍市場が開いている期間も残り僅かな時期となってきました。
今後の動きに注目ですね。

-未分類
-