Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

ユルゲン・クロップとの試合後のコミュニケーションが敗戦からも立ち直らせてくれる(ジョルジニオ・ワイナルドゥム)

投稿日:

プレミアリーグで首位を走るリバプール。
素晴らしいシーズンを過ごしていますが、2019年最初の試合、マンチェスター・シティ戦では、今シーズン初の敗戦となり、続くFAカップのウルブス戦にも敗れ、2連敗スタートとなりました。
しかし、ジョルジニオ・ワイナルドゥムは、試合後におけるユルゲン・クロップ監督とのコミュニケーションが、大きな助けになると語っています。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムは、負けた試合だからこそ、多くのことを学ぶことが出来るともしており、もっとよくならなくては!という気持ちになるとも語っています。
これは、試合後にユルゲン・クロップ監督とのコミュニケーションのおかげだと。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムの言葉については、LFCも公式に伝えていますので、この場では、私なりにその骨子をまとめてみたいと思います。

(Georginio Wijnaldum)

試合に勝ったときよりも負けたときの方が、より多くを学ぶことができる。
勝利したときには、悪かった部分など、すべてを見ないものだからね。

試合に敗れたときの方が、勝ったときよりも、より多くを分析するものだよ。
勿論、ぼく達はそこから学ぶ。
どのチームも敗戦から学ぶんだ。

最も大きな学びは、ぼく達は自信を持ち続ける必要があるってことさ。
ぼく達には、ユルゲンという監督がいて、そういうことで、とても助けになってくれているんだ。

シティとウルブス戦の試合後に、彼が言ったこと。
自信を持ち続けることであり、おそらく以前よりもハードにやれということだね。
ぼく達が、それに対処しなければいけない!という気持ちを彼は与えてくれたんだ。
もっとハードに、もっと上手くやれるようにね!

ユルゲン・クロップ監督は、試合終了のホイッスルが鳴れば、ピッチへと向かい、各プレイヤーを出迎えますね。
相手チームのプレイヤーであっても、敬意を表する姿勢が見えます。

モチベーターという言葉がありますが、ユルゲン・クロップ監督は、その最たるものだろうと。
一方、そういうことをしっかり理解して、これからに活かそうとするジニもまた偉いですね。
クリスタルパレス戦は、負傷のためメンバー外となりましたが、その復帰が待たれます。
今シーズンのジニは、本当によくやっていると思うし、リバプールがタイトルを獲るために、欠かせない存在になっている。
私は、そう実感しています。

-未分類
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.