Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

パリ・サンジェルマンがイドリッサ・ゲイェ(エバートン)獲得に動いているとの報道も アドリアン・ラビオの去就にも影響か

投稿日:

Idrissa Gueye

エバートンで活躍をしているミッドフィールダー、イドリッサ・ゲイェ(セネガル)ですが、Sky Sportsが見解を示しており、パリ・サンジェルマンが獲得に動いており、£21.5mを提示したとしています。
ゲイエといえば、サディオ・マネの仲良しさんですね。
ただ、エバートンとしては放出する意思はないとも。

ただ、ゲイエ自身はPSGへの移籍に乗り気であり、今後PSGが移籍金を上げて来た場合には、実現する可能性もあるとしています。

PSGは、中盤に不安要素を抱えており、アドリアン・ラビオを1月に放出するためには、補強の成功を条件としている。
そんな見解も報じられてきました。

私の個人的な意見では、ゲイエはとてもいいプレイヤーだと思います。
エバートンのダイナモ的な存在ではないかと。

PSGの金銭感覚は、ちょっと常識を超えたところもあり、1月の残り期間の間に、どんな動きをしてくるのか?が、なかなか読めません。
ひとつ言えるのは、もしPSGが高額のオファーを再提示してきたとき、エバートンがゲイエを手放したとして、その後任を探す時間的余裕がなさそうだということです。
実際、ゲイエをこのタイミングで放出してしまえば、エバートンは苦しいのではないでしょうか。
PSGとすれば、お金になるうちにアドリアン・ラビオを出してしまいたいという考えがあることも否めず、この動きは、1月の移籍市場において、注目されるひとつとなりそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.