Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

チェルシーがマウリシオ・ポチェッティーノ監督(トッテナム)を狙っているとの報道も

投稿日:

Mauricio Pochettino

プレミアリーグは、世界で最もエキサイティングなリーグだと言っていいと思いますが、監督業というものは、強いプレッシャーに曝されるものだとも思います。
この監督人事ですが、クラブによってスタンスの違いがあることも事実かと。
辛抱して監督を信じるクラブと、交代を繰り返すそれと。
オーナーと監督の力学関係でいえば、ある種チェルシーは、独特な形があると言ってよさそうです。
そのチェルシーが、この夏にもマウリツィオ・サッリ監督を解任する可能性があるとの報道が出ています。

報じているのはExpressで、同誌によればですが、マウリツィオ・サッリ監督は、ロマン・アブラモヴィッチオーナーからのテキスト・メッセージを受け取っているとのこと。
そのメッセージには、もし今シーズン、チャンピオンズリーグ出場権を逃すならば解任するという趣旨の内容があったと・・・。

メディアというものは気が早いもので、その後任監督まで具体的な名前を出しています。
それは、現在トッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノ監督だと。

たしかに、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は優れた指揮官だと思うし、トッテナムをチャンピオンズリーグの常連に近い位置まで持っていったのは、明らかな実績だと思います。
ただ、同監督には、マンチェスター・ユナイテッド、あるいはレアル・マドリードが引きをかけているとの報道もあり、そこにチェルシーを加えた三つ巴となるのか?

トッテナムファンの気持ちに立ってみれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督がチェルシーへ行くことだけは、受け容れ難いでしょうね。
それにしても、今現在、トップ4争いの最中にあるところ、解任話をするのか?という疑問は正直あります。
もし本当だとしたら、かなり強引なやり方にも思えますが、それは今後のチェルシーが、どんな戦績を残すかを見てから意見も言いたいと思います。
なお、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、2018年5月に、トッテナムと契約を延長したばかりであり、それを引き抜くならば、相当な資金が必要となりそうです。
監督を巡ってのマネーゲームが勃発するのか。
しばし、状況を見てみたいと思います。

 

 

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.