Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ユルゲン・クロップが’システム’に関する質問に答える

投稿日:

JS74100713
いまや、どのメディアも、ユルゲン・クロップの記事で埋め尽くされている感がありますね。

本当に、記事の数だけでも膨大な量にのぼります。

今回は、そんな中から、「採用するシステム」についての質問に、クロップが答えた部分をまとめてみたいと思います。

まず、質問の趣旨としては、クロップは、ドルトムント時代に、4-2-3-1システムを多く採用していたことから、リバプールでも、そういった布陣を考えているのか?
・・・ということかと思います。

それに対するクロップの反応は・・・。

(JK)
一つのビジョンに限られるとは思っていないよ。

ドルトムントのときには、そうすることが、以前よりよくなる最善の方法だと思ったからだ。
それが、すべてだよ。

もし、最良の状態になっていなければ、私たちは変更を加えていく必要がある。
それに、私たちが、まずやらなければいけないことは、これまで以上に、もっとやる!っていうことなんだ。

もっとインテリジェントになろうとするなら、それは簡単なことじゃないよ。
より多くを学び、より投資をしたときに、それは可能になる。
まずは、そこからだね。

ドルトムントのときには、何か問題があれば、もちろん私たちは、スタイルを変えたよ。
だが、それが世界のどこでも通用するわけではない。

チャンピオンズリーグを見れば、私たちは、同じレベルでやれていないだろう。

私たちに必要なのは、よりハードに取り組むことであり、それが出来たとき、いいポジションを得られるんだ。

JS74100638

まず、クロップのコメントから見えてくることはといえば・・・
システムに関しては、ひとつのスタイルに固執する考えはないということ。

さらには、今は、システム云々を言っているときではなく、とにかくハードに取り組んでいくことこそ重要なんだ!
と、いうことでしょうか。

頭で考えるより、とにかくやれ!
という、メッセージにも受け取れます。

現実問題として、リバプールには、スタリッジ、ベンテケ、イングス、あるいはオリギといったストライカーがファーストチームにおり、彼等をどう活かすか?を考えながら、クロップも戦術を練ってくることでしょう。

とはいえ、就任時のインタビューで、誰あろうクロップ自身が言っていたように、戦術よりも、まずはハートだ!
ということでありましょう。

リバプールのプレイヤー達の顔つきが、どんな風に変化していくのか。
興味深いし、楽しみでもあります。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.