Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがカラム・ハドソン=オドイの代理人と話し合いを行ったとの報道も

投稿日:

Callum Hudson-Odoi


このところ、各メディアを賑わせているのが、チェルシー所属の若手ウィンガーであるカラム・ハドソン=オドイ(イングランド)の名前ですね。
18歳にして、先日はイングランド代表でのデビューを飾っています。
このカラム・ハドソン=オドイに、リバプールが関心を示しているという報道が、連日のようになされているわけですが、リバプールは代理人と話し合いを持ったともされています。

これは、Mirrorが取り上げているものですが、内容的には、ドイツのKickerからの情報に基づいています。
おそらく、カラム・ハドソン=オドイには、バイエルン・ミュンヘンも興味を示していることから、同誌が取り上げたものだと思われます。

カラム・ハドソン=オドイとチェルシーとの契約は、今年の夏が来ると、残り一年となり、本人としては、プレミアリーグでの出場機会がないことから、移籍を希望しているともされています。

ただ、チェルシーが置かれた状況ですが、今後どういう結論に至るかは不確実ではあるものの、2度の移籍市場における補強禁止処分がくだっています。
そういった中で、カラム・ハドソン=オドイを放出することには難色を示しているともされています。

これまで出て来た報道によれば、今年の1月にバイエルン・ミュンヘンは£35mを提示したというのが、大方の見方です。
チェルシーとしては、難色を示しつつも、来年になればフリー・トランスファーになってしまうことから、渋々ながら夏の交渉に応じるとも見られています。
その際に、要求する移籍金は£43mだと・・・。

元々、イングランド人を獲得する場合には、移籍金が高くなる傾向はあり、18歳のイングランド代表となれば、将来性を含めて、致し方ない部分があるのかもしれません。
もし、本当にリバプールが彼の代理人と接触をしているならば、この夏どうなるのか?
そのへんをしっかりと見極める必要がありそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.