Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

トッテナム対リバプール戦の結果と感想

投稿日:

CRg2s5HWEAAdMNJ
さきほど、ホワイト・ハート・レーンでの対トッテナム戦が終了しました。

結果は、0-0、スコアレス・ドロー。

ただ、今後、明らかに何かが変わる可能性を感じる試合だったと思います。

スタメンについては、LFCのグラフィックのとおりですが、ダニエル・スタリッジがメンバー入り出来なかったことは、実際、かなり痛かったですね。

もちろん勝ち点3は欲しかったものの、代表に加わっていたメンバーが戻って来てからの日数を考えれば、しっかり練習できたのは、2日ないしは3日間程度だったことでしょう。

そんな中で、明らかにリバプールが変化する兆しは見えたと思います。

まず、この試合でのマン・オブ・ザ・マッチを自分で選ぶならば、今日はシモン・ミニョレでしょうか。
かなり集中していたと思います。

センターバック、特にマルティン・シュクルテルが、ハリー・ケインに裏を取られるシーンが目立ちましたが、ナサニエル・クラインとの受け渡し、連携等々も、今後改善していくだろうし、これからの課題としておきましょうか。

私が感じたのは、ファーストハーフは、かなりアグレッシブにチーム全体でプレスをかけにいけていたと思うのですが、若干、エムレ・チャンが試合に溶け込んでいないかな?という部分でした。

しかし、ハーフタイムに、かなり言われたのか、セカンドハーフは、だいぶプレイに関与できてきたと感じます。

また、フィリペ・コウチーニョとアダム・ララーナは、よく走った。
そのへんは、しっかり評価されるべきだと思います。

CRhZKHAW0AAowVY

どうしても、ピックアップされそうなのは、ストライカーとして先発したディボク・オリギですが、おそらくは、突然のスタメンだっただろうし、今の段階で、あまり厳しいことを言うのは、気の毒かと思います。

ただ、ボールの引き出し方、相手ディフェンダーとの位置関係における駆け引きは、今後経験を積む中で、勉強していくことになるのでしょう。

リバプールとして、戦術面で厳しかったのは、とにかく点取り屋の控えがいなかったこと。
今後、ダニエル・スタリッジとクリスティアン・ベンテケが、しっかり復帰してくれればいいのですが、そのへんに不安があるなら、ロベルト・フィルミーノを高い位置で起用する可能性もあるかな?と、私は思っています。

また、アルベルト・モレノは、持ち味であるアグレッシブさが、出し切れていなかった感もありますが、新体制になって、まだ一試合。
今後に期待しましょう。

ひとつ言えることは、間違いなく、リバプールは変わる!
そのことが、はっきりと見えたということでしょうか。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.