Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ディボク・オリギ 「ぼく達は監督を信じているし、監督はぼく達全員を信じてくれている」

投稿日:

thumb_11826_default_news_size_5
昨日の対トッテナム戦では、ダニエル・スタリッジのアクシデントもあり、ストライカーとして先発したディボク・オリギですが、クロップ監督から、強い精神を植え付けられたという趣旨の発言をしています。

オリギ自身、期待にこたえたかったことでしょうが、実戦の中で、いろいろなことを学びながら、成長してゆく過程段階にあると言っていいでしょう。

(DO)
監督からは、パッションを持ってプレイしろと言われていたよ。
恐れるな!ともね。

彼は、若手もベテランも、すべてのプレイヤーを信じてくれている。
ぼく達は、クオリティーがあるからこそ、この場所にいるんだ。

ぼく達は、ハードワークするのみだったよ。
彼を信じてね。
そして、彼もぼく達を信じてくれている。

だから、ぼく達は、いいシーズンになる!と思えるんだ。

監督を見ていると、すごく力強いものを感じさせてくれるんだ。
それが、チーム全体に浸透していると思うよ。

今日のぼく達は、たくさんのエネルギーを使ったし、プレスをした。
喜びの中でね。

ぼく達は、ファンと共に、クラブのために強くなれるよ。
それは、とってもいいことじゃないか。

thumb_11811_default_news_size_5

これは、試合後のオリギのコメント、その一部ですが、高揚感が伝わってきますね。

オリギにとっても、ゴールはなかったとはいえ、記念すべき試合になったことでしょう。

多くのエネルギーを使い、ハードワークしながら、その中に喜びがあった・・・とは、素敵な言葉だと思います。

オリギに関しては、一部のメディアでは、ドルトムント時代に、ユルゲン・クロップが獲得を考えたことがあるともされています。

何か、クロップの中で、オリギの才能が見えているのでしょう。

それを形にするためには、しっかりとクロップ監督をはじめ、コーチ陣からの指導を受け、その成果を実戦で証明することでありましょう。

いずれにしても、リバプールの雰囲気は、現在極上になっているようです。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.