Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係 プレイヤー

ライアン・ケントが出ることをリバプールが許可するのは完全移籍のみ?

投稿日:

Ryan Kent


ナポリ戦へ向かうメンバーを見たとき、私なりに気になっていたのは、ライアン・ケントがメンバーに含まれていないことでした。
もしかしたら、レンジャーズへのローン話が進んでいるのか?などと邪推をしてしまったことも事実です。
しかし、エコーの記事を読む限り、ライアン・ケントがメンバーから外れたのは、体調不良、病気によるものだったとのこと。

エコーは、ライアン・ケントに関するユルゲン・クロップ監督の言葉を伝えており、まず昨年の経験がとても良かったということを語っています。
ただし、年齢的にもローンを重ねる時は過ぎたとも発言したとのこと。
もし、再びレンジャーズへ行くならば、それは完全移籍のみだという趣旨の発言をしています。

Jurgen Klopp
とても重要な年になったね。(昨シーズンにおけるレンジャーズへのローン)
彼は、まったく別のプレイヤーとなって帰って来た。
良いクラブ、良い監督に助けられ、良い競争の中にあったからだよ。
彼にとって適切な時期に適切な場所だった。
ただし、戻るか?となれば、それはもし、レンジャーズが彼を買える場合のみだよ。
彼にローンを課す時は過ぎたんだ。
一定の年齢で、プレイヤーは自分の場所を探す必要がある。
我々は見ていくことになるだろう。
ただし、ローンはプランにないよ。

プレシーズンマッチでのライアン・ケントですが、ナポリ戦は欠場したものの、ここまではアピールが出来ているように、私には思えます。
ただ、それがリバプールのファーストチームでのポジションを約束されるまでに至るか?は、また別の次元での話なのでしょう。
以前も書きましたが、ライアン・ケントは攻めに入るときの初速スピードがあり、短いエリアで相手を交わすことが出来ます。
この才能に、リバプールはどのような処遇をするのか。
リバプールが求めている移籍金をレンジャーズが支払えるのか?という部分とも併せて、今後注目したい件ではあります。

-移籍関係, プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.