Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係 プレイヤー

ライアン・ケントを巡りリバプールとリーズが話し合いの中にあるとの報道も

投稿日:

Ryan Kent


デッドラインデーが迫って来ました。
この夏、放出面で注目をされているのは、ライアン・ケントとハリー・ウィルソンだったと思いますが、まずハリー・ウィルソンに関しては、ボーンマスへのシーズンローンとなる旨が決定しています。
ライアン・ケントについては、レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、その獲得を熱望してきたとされていますが、エコーなどが報じるところによれば、リバプールは完全移籍以外は考慮しない姿勢だとされています。

レンジャーズ以外で、ライアン・ケントに関心を示しているのは、以前からリーズだと言われてきましたが、リバプールはライアン・ケントを放出する場合£10mの線は譲らないと、昨日もエコーが報じていたところです。

一方同誌は、ライアン・ケントを巡り、リバプールとリーズが話し合いの最中にあるともしています。

リーズですが、ケマル・ルーフェをアンデルレヒトへ出したことにより、£7mの資金は使える状況にあると、エコーは報じています。
既定路線どおり、リバプールがあくまで£10mを主張し、リーズが歩み寄るのか?
それとも、リバプールがリーズの言い値に金額を落とすことがあるのか?

本来ならば、リバプールで脚光を集めてほしいタレントの一人ですが、いかんせん今のリバプールは攻撃陣に強烈なプレイヤー達が揃っています。
その代わりになる役割を担えるプレイヤーというのは、そうはいないことでしょう。
ライアン・ケントは、昨シーズンのレンジャーズで、素晴らしい活躍ぶりを見せてくれました。
今後、どうなっていくのか。
移籍ということであれば、残された時間は多くはありません。
注目してみたいと思います。

-移籍関係, プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.