Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係 プレイヤー

デヤン・ロブレンはローマ行きで個人合意に達したとの報道も

投稿日:

Dejan Lovren


今夏の移籍市場におけるリバプールの補強については既に終了していますが、まだ放出となると、動きが出る可能性が残されています。
このところ、メディアで取り上げられる頻度が高いといえばデヤン・ロブレンのことでしょうか。
あくまで報道レベルでの話ですが、Sky Italiaによれば、デヤン・ロブレンはローマ行きで個人合意に達したとのこと。

このことは、エコーも取り上げていますが、リバプールとローマ、クラブ間においては、いまだ合意には達していないとされています。
報道の骨子を見ると、移籍金の金額面で折り合いがついていないとのこと。

あくまで、これまでの報道の出方を見て来た感触で言えば、デヤン・ロブレンが新天地を求める可能性は、低くはないようにも思えます。

私の推測に過ぎませんが、デヤン・ロブレンの立場からすれば、センターバックとしての序列も影響があるのかもしれません。
リバプールの場合には、不動のセンターバックとして、まずファン・ダイクの存在があります。
思案すべきは、ファン・ダイクのパートナーを誰が担当するか?という部分。

現状でいえば、それはジョー・ゴメスであり、ジョエル・マティプだと見た方が妥当なようにも思えます。
となると、デヤン・ロブレンは4番手ということとなり、おのずと出場機会も限られて来ることでしょう。

フットボーラーであれば、より多くの試合に出場したいのは当然だし、もしデヤン・ロブレンが新天地を求めたとしても、それを責めるわけにはいきません。
今回、話題にのぼっているのはローマであり、リバプールとローマといえば、モハメド・サラー、続いてアリソンと、このところ続けての取引実績があります。
果たして、デヤン・ロブレンはリバプールに残るのか。
それとも、報道どおりに、ローマへと旅立つのか。
しばし、今後の状況を見守ってみたいと思います。

-移籍関係, プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.